アドセンスで生活できるだけのお金を自在に楽しく稼ぎ自由になるためのメール講座

スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

副業のおすすめは?バイトするより効率良く稼ぐ方法!

副業のおすすめは?バイトするより効率良く稼ぐ方法!

 

こんにちは、いずみです。

最近は「副業したい」と思っている方が

増えているように感じますが、

 

昼間の仕事をして夜もバイト・・・

という生活では体が持たなくなってしまいますよね。

 

そして、「効率よく稼ぐ」という方法は

本当に存在するのか?

ということを考えていこうと思います。

 

 

副業したい人が増えている理由

reason-clipart-why-clipart

 

 

 

 

 

 

 

 

昼の仕事もありながら夜もバイトしなければならない

というのはなかなかハードな生活ですが、

どうしてそこまでして稼ぎたい人が増えているのでしょうか?

 

サラリーマンの平均年収のグラフを

見てみると、その必要性がパッと見で理解できます。

 

スクリーンショット 2016-02-11 12.52.03

ご覧の通り、キレイに右肩下がりです。

 

しかし、画像では平成25年度から少しづつ回復

しているようにも見ることができますが、

27年度はどうなったか・・・。

 

スクリーンショット 2016-02-11 12.51.28はい、元どおりです(笑)

平成9年には467万円あった平均年収が、

 

15年後の平成24年には408万円と、

なんと59万円も落ち込みを見せています。

 

こんな実情があるにもかかわらず、

サラリーマン=安定という考えをまだ

持っている人がいることに驚きます。

 

平均月収が下がっているということは、

失職のリスクが高まっていると言えますからね。

 

就職先からの給料だけに頼って生きていくのは

非常にキケンだということが

このグラフから読み取れますよね?

 

さらに年齢とともに医療費が増加したり、

子供の養育費がかかってきたりと、

 

「長期的に見て明らかに足りない」

という危機感がある方も多いでしょう。

 

ぼくが一貫して主張しているのは、

安定というのは収入源を複数持つことであり、

さらに自分で稼ぐ能力を身につけること

だと言っています。

 

毎月の給料が下がり、

失職のリスクが上がっているのでは、

 

「副業を始めたい」という気持ちになるのは

とても自然な流れだと思います。

 

これらの話を踏まえて、

オススメの副業や、効率的に稼ぐ方法を

考えていきたいと思います。

 

 

『働く』以外の選択肢はある?

choices

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼくが友人と話していて驚くことがあります。

それは、「収入を増やすにはバイトをするしかない」

と思い込んでいる人がいること。

 

「働く」以外の選択肢がそもそも頭にない

というパターンの人です。

 

ぼくが住んでいるのが田舎なことが

理由なのかもしれないですが・・・w

 

でも、考えてみてください。

働けば働くほど、お金持ちになれるのでしょうか?

 

もしも収入と労働量が比例関係にあるのなら、

世界の大富豪はあなたの何百倍も働いている

ということになってしまいますよね。

 

そんなことを日本社会でやったら

全員過労死してしまうでしょう(笑)

 

まずは収入を得る方法というのは無数にある

ということを知り、収入には種類があることを知るのが

収入源を効率よく増やす近道ではないかと思います。

 

 

収入の種類とは?

sumabura-3ds-wiiu-koinu-stage-inu-syurui-neko-4

 

 

 

 

 

 

 

働く以外の選択肢と言っても、

別にうさんくさい儲け話をするわけでは

ありませんのでご安心ください。

 

収入を得る方法というのは

大きく分けて

 

・労働収入

・資産収入

 

この2つに分類することができます。

 

労働収入とは?

 

労働収入とは

1番ポピュラーな収入の得かただと

思うのですが、

 

文字通り

「労働力を提供して対価として報酬を得る」

という方法です。

 

会社員やアルバイトが主にこれにあたり、

副業を探している人のほとんどが

労働収入で稼いでいると思います。

 

資産収入とは?

 

反対に、資産収入とは

「資産から収入を得る」

という方法です。

 

文字通りすぎて何を言っているのか

わからないのではないかと思いますが・・・

 

世の中のお金持ちはこの資産収入で

お金を稼いでいる人たちです。

 

簡単に分かることだと思いますが、

労働で報酬を得るには限界が発生します。

 

自分の労働力の限界=収入の限界

ということになってしまいますから、

 

あまり大きな金額を稼ぎたい場合に

ここが障壁となってしまいます。

 

では、ここで浮かんでくるであろう

「資産って一体何?」という点について

お話していきたいと思います。

 

 

持ち家は資産?

0032

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめに言っておきますが、

ここからのお話はロバートキヨサキさんの

著書で有名な「金持ち父さん、貧乏父さん」

の中で出てくるお話です。

 

著書の中ではこのような問いかけがあります。

「持ち家は資産ですか?負債ですか?」

さて、あなたはどちらだと思いますか?

 

正しい問いかけとしては、

「持ち家は”あなたにとって”資産ですか?負債ですか?」

と聞くのがベターでしょう。

 

この問いの答えは・・・

「負債」です。

 

ですが、よく「持ち家は資産にもなるし」

という言葉を聞いたことはないですか?

 

はい、実は持ち家は

“銀行にとって”資産なのです。

 

これが一体どういうことなのか?

まずは資産と負債の定義を

していきましょう。

 

 

「資産」と「負債」の定義

questions or decision making concept

 

 

 

 

 

 

 

では、「資産」と「負債」の定義とは

一体なんなのか?見ていきましょう。

キヨサキ氏はこのように定義しています。

 

資産・・・自分のポケットにお金を入れてくれるもの

負債・・・自分のポケットからお金を奪っていくもの

 

このような明確な違いがあります。

もし、マイホームを購入した場合には

 

・ローン

・管理費

・修繕積立費

・固定資産税

 

など様々なお金があなたのポケットから

出て行くことになります。

だから負債。

 

反対に銀行はあなたにお金を貸すことで

利息がもらえますし、

 

あなたがお金を払うことができなければ

その家を手に入れることだって

可能なわけです。

 

だから銀行にとってはお金が入ってくる

契約なので資産となるわけです。

 

つまり、資産収入とは・・・?

 

 

資産収入=お金が入ってくる仕組み

pic_c0882

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、資産収入を得るということは、

自分のポケットにお金を入れてくれる

”仕組み”を作ることだと言えます。

 

これがマイホームではなく投資用のマンションだった場合、

そのマンションに住んでいる住民があなたに

家賃を払ってくれるわけですから、“資産”ですよね。

 

つまりあなたが収入源を増やして将来への

安心感などを手に入れたい場合は、

 

資産収入を増やすために頑張るのが効率がいい

ということになると思いませんか?

 

ですが、そんなことを言うと

「そんなことできるわけないじゃないか!」

と思っている方もいるでしょう。

 

具体的にどのようなことを

やっていけばいいのか、

お話ししていこうと思います。

 

資産収入を作るには?

how_do_i1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

資産収入を作る方法はいろいろとありますが、

代表的な例がさっきも書いた不動産でしょう。

 

こちらの書籍では会社員が昼休みの時間だけを

有効に活用して不動産投資を行うための

方法が書かれています。

 

どれくらいの資産を手にすれば

月にいくらの収入になるのかなどの計算が

わかりやすく勉強になりました。

 

ある程度まとまった収入が得られている人は

この本を参考に不動産投資に

乗り出してみるのも面白いと思います。

 

なのでなんとなくバイトしてお金を貯める

のではなく、「頭金を貯める」ために

バイトをするとか、

 

目的意識を資産収入に向けた

明確なものにするだけでも

変わってくるはずです。

 

 

でも・・・

but

 

 

 

 

 

 

 

「不動産なんて今の収入じゃ手が出ないよ!」

という方も多いのではないかと思います。

 

でも、実際にこう言った目に見える資産を

持つことだけが資産収入ではありません。

 

収入が入ってくる仕組みを持てば

いいだけのお話ですから。

 

例えばぼくがやっているグーグルアドセンス

からの収入も立派な資産収入だと

ぼくは思っています。

 

“ブログ”という資産が毎日お金を

生んでくれているわけですからね。

 

記事の作成を外注さんにお願いすることも

多いので、ぼくが労働して収入を

得ているというわけでもないのです。

 

さらにステップメールという機能を使って

ものが勝手に売れていく仕組みを作ることもできますし、

有料メルマガなどもそれに当たるでしょう。

 

企業への集約コンサルも基本的には

指示を出すことがメインの仕事です。

 

ぼくは仕事で時間を使っているのは

ほとんどコンサル生に対してのみです。

 

ちなみに言っておくとぼくは働きたくない

人ではなく、むしろ働きたい人です(笑)

 

(なのでコンサル生には積極的に

時間を割いています。)

 

このように、完全自動じゃなかったとしても

単純な業務を人に委託したりすることで

収入源を増やすことは難しくないのです。

 

例えば他に輸入・輸出の転売なども、

人に任せられる部分というのは

大いにあるでしょう。

 

まずは自分が覚えてマスターする、

そして徐々に外注化していく。

 

これを繰り返していくことで

労働力を提供するのでは限界があった

副収入にも限界がなくなり、

 

将来の安心感は増していくでしょう。

 

 

まとめ

company-summary-business-plan

 

 

 

 

 

 

 

・サラリーマンの平均所得はどんどん下降している

・収入源を増やして自分に能力をつけるのが最も安全

・労働収入より資産収入

・まずは自分で稼いで、徐々に外注していけば良い

 

 

アドセンスやブログで稼ぐためのノウハウは

無料メール講座で公開しています。

 

今なら全26冊、約500ページ

ブログで稼ぐための“教科書”

を無料でプレゼント中ですので、

 

下記のフォームから登録して

今のうちにプレゼントを

手に入れてくださいね♪

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしよろしければシェアお願いします♪スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

*メールアドレス
*お名前

Loading Facebook Comments ...

*
*
* (公開されません)