アドセンスで生活できるだけのお金を自在に楽しく稼ぎ自由になるためのメール講座

スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

アドセンスのクリック率(CPC)が低い!2倍にする配置や平均は?

アドセンスのクリック率(CPC)が低い!2倍にする配置や平均は?

 

こんにちは、いずみです。

 

今回は、アドセンスのクリック率が低いと

悩んでいる方に最適な広告の位置について

解説していこうと思います。

 

クリック率を2倍近くあげることができる配置や、

数値はどのあたりが適正で、平均値なのか

ということについても見ていきます!

 

 

クリック率が低い・・・

optify-Click-Through-Rate

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくメール講座の読者さんやコンサル生から

「アドセンスのクリック率が低いのですが・・・」

という相談を受けます。

 

話を聞いてみるとほぼ1%を割っていて、

0.4~0.6%という方が多いようでした。

 

トレンドブログを運営しているのであれば、

クリック率は大体1~1.3%くらいは欲しいです。

 

今回は、そんなクリック率でお悩みの方に、

クリック率を2倍に引き上げる

方法についてお話していこうと思います。

 

 

クリック率を上げる方法は?

Male hand holding computer mouse with copy space

 

 

 

 

 

 

 

アドセンスの報酬は

ページビュー数 × クリック率 × クリック単価 

= 報酬

 

で決まります。ですから、

報酬額を上げるには単にページビュー数を

上げていくだけではなく、

 

クリック率やクリック単価を上げることも

重要な要素の1つです。

 

そこでまずは、

クリック率を決める要因について

知っておきましょう。

 

クリック率を決定する要因は・・・

 

・広告の種類

・広告の色

・広告と記事のマッチ

・広告の配置

 

などが挙げられるでしょう。

これらを最善なものにしていくことが、

クリック率UPの方法です。

 

 

広告の種類

Google-Adwords-12-2-13

 

 

 

 

 

 

 

 

広告タイプには「レクタングル」や

「ビッグバナー」などがありますが、

 

使うべき広告タイプは圧倒的に

「レスポンシブ」です。

 

それも、普通のレスポンシブではなく

“広告コードを少し改造したレスポンシブ”

が最もおすすめです。

 

どういうことかと言うと、

取得した広告コードの

 

“auto”と書かれた部分を

“rectangle”に書き換えます。

スクリーンショット 2016-02-12 9.55.13

 

 

 

 

 

 

こうすることでテキスト広告の場合は

画面幅いっぱいに広告が表示され、

 

ディスプレイ広告の場合は

レクタングル(大)が表示される

ようになります。

スクリーンショット 2016-02-12 9.58.37

 

 

 

 

 

 

ちなみに、広告タイプは

「テキスト広告とディスプレイ広告」

に必ずしておいてください。

スクリーンショット 2016-02-12 10.00.43

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

より単価の高い方が表示されるようになります。

広告に種類に関しては以上です。

 

※基本的にコードの改変は認められていませんが、

この程度の改造についてはOKだと回答を

もらっています。

 

 

広告の色

Color Guide

 

 

 

 

 

 

 

お次は広告の色についてですが、

ポイントは“いかに記事の中になじませるか”

だと言うことができます。

 

まず前提として、

記事の背景は必ず白にしておきましょう。

 

記事に広告をなじませる方法は、

記事と色使いを同じにするということです。

 

まずはアドセンスの画面から

「広告スタイル」を選択します。

スクリーンショット 2016-02-12 10.38.39

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、「新しい広告スタイル」を選択

スクリーンショット 2016-02-12 10.38.54

 

 

 

 

 

 

 

枠線を白にして消し、背景も白に設定

文字は黒にして、白黒で統一しましょう。

スクリーンショット 2016-02-12 10.39.08

 

 

 

 

 

 

 

 

広告スタイルを作成し保存したら、

広告ユニットの編集画面に移ります。

スクリーンショット 2016-02-12 10.39.55

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先ほど設定したスタイルを適用させて完了です。

スクリーンショット 2016-02-12 10.40.09

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告と記事のマッチ

handshake-business

 

 

 

 

 

 

 

記事の内容と、広告の内容がマッチしていれば

しているほどユーザーは広告に興味を

示すので、記事と広告は合っていた方がいいです。

 

しかし、これは自分ではあまり

コントロールすることができません。

 

なぜなら表示される広告は記事の内容や

ユーザーの興味に合わせて

自動で切り替わるからです。

 

ですが、記事の内容に合ったものを表示

させようとするプログラムが存在するので、

 

頻繁にアドセンスに広告を出している

ジャンルの特化ブログなどを作ると

クリック率が高くなる傾向があります。

 

 

広告の配置について

Chess_-_strategic_board_game_for_two_players1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、広告の配置についてです。

 

配置に関しては様々なパターンを

試したのですが、

一番成果が上がったパターンは

 

・記事上部(moreタグで挿入)

・記事中部(AddQuickTagで挿入)

・記事下

 

に配置するパターンが1番反応が

よかったです。

 

逆に反応が悪いのは

・サイドバーに表示している

・ヘッダーに表示している

 

ような状態でした。

理由としては、今ほとんどのユーザーが

スマートフォンで記事を訪れます。

 

その際、サイドバーは記事が終わった後に

表示されてしまうため

目に留まる可能性が低いです。

 

ヘッダーに表示されている場合も、

ほとんどユーザーの目に留まりません。

 

やはり、

記事の中に表示されているのが

最強です。

 

それでは、実際に表示する方法を

解説していきましょう。

 

ちなみにこれらの方法は私の

無料レポートからいつでも確認できるので、

興味がある方はダウンロードしてみてください。

 

 

記事上(moreタグで表示する方法)

 

まず、moreタグで表示するためには

・Master Post Advert

 

というプラグインを使って

行います。

 

まずはこちらをインストールして

有効化してください。

スクリーンショット 2016-02-12 9.43.11

 

 

 

 

 

 

その後、ダッシュボードの「設定」から

「Master Post Advert」を選択します。

スクリーンショット 2016-02-12 9.41.28

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後は「中央」を選択し、

記事上用に取得した

記事上用「レクタングル(大)」

広告コードを貼り付けます。

スクリーンショット 2016-02-12 9.41.51

 

 

 

 

 

 

ここで注意して欲しいのですが、

Master Post Advertとレスポンシブ広告が

なぜか相性が悪くうまく表示されないので、

 

記事上の広告に限っては

レスポンシブ(大)を使うのが無難です。

 

そして、広告コードは

 

<p style=”text-align: center;”>スポンサードリンク<br />

(広告コード)

</p><br />

 

このようなタグで囲むようにしてください。

 

 

記事中(AddQuickTagで表示する方法)

 

記事中に広告を挿入する場合は

・Adsense Manager

・AddQuickTag

 

という2つのプラグインを使用していきます。

インストールして有効化しましょう。

 

Adsense Managerの使い方

 

まず、Adsense Managerの使い方ですが、

下記の画像のようにダッシュボードの

「投稿」の部分に「Ad Units」

表示されますのでそこをクリック。

スクリーンショット 2016-02-12 11.09.11

 

 

 

 

 

 

 

「Add New Ad」をクリック

スクリーンショット 2016-02-12 11.09.25

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事中用に用意した広告コードを

貼り付けて「import」をクリック。

※追伸:画像では記事上になってますが誤りです(汗)

スクリーンショット 2016-02-12 11.09.39

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Display Options」の項目を全て「Yes」にして、

スクリーンショット 2016-02-12 11.10.20

 

 

 

 

 

 

 

画面右側に大きく移動したところに存在する

「Wrap Html Code」の部分の

 

<Before>に

<p style=”text-align: center;”>スポンサードリンク<br />

 

<After>に

</p><br />

 

を挿入しましょう。

スクリーンショット 2016-02-12 11.10.48

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、「Save Changes」をクリックして完了です。

 

AddQuickTagの使い方

 

まずは、ダッシュボードの設定画面から

AddQuickTagを選択しましょう。

スクリーンショット 2016-02-12 11.25.22

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の画面では、画像と同じように

タグを挿入し、チェックボックスにチェックを

入れましょう。

スクリーンショット 2016-02-12 11.27.50

 

 

 

 

 

 

 

完了したら画面下の【変更を保存】

というところをクリックしましょう。

 

正しく設定が行われると、

記事の投稿画面に「Quicktags」という

小窓が出現します。

 

その中から設定したタグを選択すると

記事中に広告が挿入されます。

スクリーンショット 2016-02-12 11.28.02

 

 

 

 

 

 

記事では以下の通り広告が挿入されました。

スクリーンショット 2016-02-12 11.28.13

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事中の広告に関しては、

記事の真ん中あたりの文脈的にキリのいいところ

に挿入しましょう。

 

たまに話の途中に突然広告が出てくる

というパターンの方がいるのですが、

あれはユーザビリティを下げるので

お勧めしません。

 

 

記事下に広告を表示する方法

 

記事下に広告を挿入する場合は、

ダッシュボードの「外観」→「テーマの編集」

にまずは進みましょう。

スクリーンショット 2016-02-12 11.43.12

 

 

 

 

 

 

 

 

右側に表示されているメニューの中から

「単一記事の投稿(Single.php)」

選択しましょう。

スクリーンショット 2016-02-12 11.43.22

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この中のどこかに

</div><!- – END .post – ->

などの表記があれば、その下に、

 

</div><!– #content —>

などの表記があればその上に広告コードを

挿入するカタチになりますが、

 

これはお使いのテンプレートによって

場所が異なるので各自お調べになってください。

 

このような感じになります。

スクリーンショット 2016-02-12 11.43.46

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も広告コードを

 

<p style=”text-align: center;”>スポンサードリンク<br />

(広告コード)

</p><br />

 

このようにタグで囲みましょう。

以上で終了です。

 

 

まとめ

company-summary-business-plan

 

 

 

 

 

 

 

長くなってしまいましたが、

以上でクリック率を改善する方法についての

説明を終了したいと思います。

 

・クリック率は1~1.3%を目指す!

・記事上の広告はレクタングル(大)を使用

・その他はレスポンシブのコードを変更したものを使用

・テキスト広告は白黒にして、文章と色を合わせる

・広告と記事の内容が合っているとクリック率が高い

・広告の配置は記事上、記事中、記事下がベスト

 

このようなまとめになりました!

 

さらに詳しいアドセンスに関する

情報やブログで稼ぐためのノウハウは

無料メール講座で公開しています。

 

今なら全26冊、約500ページ

ブログで稼ぐための“教科書”

を無料でプレゼント中ですので、

 

下記のフォームから登録して

今のうちにプレゼントを

手に入れてくださいね♪

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしよろしければシェアお願いします♪スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

*メールアドレス
*お名前

 

Loading Facebook Comments ...

*
*
* (公開されません)