アドセンスで生活できるだけのお金を自在に楽しく稼ぎ自由になるためのメール講座

スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

アドセンスの広告ユニットは分けるべき!使い回しNGの理由は?

アドセンスの広告ユニットは分けるべき!使い回しNGの理由は?

 

アドセンスの広告ユニットは記事の中で

3つ設置することができますが、

広告ユニットは分けているでしょうか?

 

今回の記事では広告ユニットを分けた方が

いい理由について解説していこうと思います。

 

 

アドセンスの広告を分けるべき理由について

hand holding business card

 

僕がアドセンスの広告ユニットは分けるべきだ!

と感じている理由は、

 

“データの取得”

 

です。

 

広告ユニットを分けて設置することにより

どのようなメリットがあるのか

見ていきましょう。

 

 

メリットその1:広告ごとのクリック率などが計測できる

 

アドセンスのパフォーマンスレポートで

レポートタイプを「広告ユニット」

してみましょう。

 

スクリーンショット_2016-02-26_19_01_24

すると、次の画面で下側に

以下のように表示されます。

 

スクリーンショット_2016-02-26_19_04_33

このように、広告ユニットごとの

表示回数、クリック数、インプレッション収益、

アクティブビュー視認可能、見積もり収益額

 

などを見ることができます。

これらの数字を参考にしながら、

広告の配置などを考えられるわけです。

 

 

メリット2:記事が最後まで読まれているか判断できる!

 

メリットの2つ目ですが、

自分の記事がユーザーにどの程度

読まれているかということも、

 

広告ユニットを分けることで

確認することができます。

 

それは、先ほどの

パフォーマンスレポートの

画面において

 

「アクティブビューの視認可能率」

 

で判断します。

 

アクティブビューの視認可能率は

ユーザーの何%がその広告を目にしたか

ということを表す数字です。

 

僕のアニュアルでは広告の位置は

記事の上中下に1つずつでしたよね。

(上部はmoreタグのところ)

 

ですから、その広告ユニットの位置で

 

上段までは何%のユーザーが見ている…

中段までは何%のユーザーが見ている…

下段までは何%のユーザーが見ている…

 

ということが判断できるというわけです。

 

 

まとめ

c7887a92414f854a9067849a51b9bb02

広告ユニットを分けて設置することで

データを別々に取ることができ、

クリック率や視認可能率を測定・改善できる!

 

というわけで広告ユニットは

分けて設置するようにしましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしよろしければシェアお願いします♪スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

*メールアドレス
*お名前

Loading Facebook Comments ...

*
*
* (公開されません)