アドセンスで生活できるだけのお金を自在に楽しく稼ぎ自由になるためのメール講座

スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

トレンドアフィリエイトで英語を使ったサイトは稼げるのか?

トレンドアフィリエイトで英語を使ったサイトは稼げるのか?

トレンドアフィリエイトで外国人向けに

英語を使ったサイトを作成すると、

 

ターゲットが単純計算約60倍に

なってめちゃめちゃ稼げるのではないか?

 

と考えたことはないでしょうか?

(僕はありますw)

 

実際そのように英語を使ったサイトを

作ると稼げるのかについて

書いていこうと思います。

 

 

英語を使ったサイトは稼げる?

English

 

外国人向けにサイトを作れば、

日本語で作るよりもたくさん稼げるのでは

ないか?と思ったことはありませんか?

 

実際に、『カラパイア』のようなサイトは

海外のニュースを日本語の記事に

翻訳して配信することで、

とんでもないPVを集めています。

 

だいたい1400万PVくらい。

ハンパじゃないですよね(笑)

 

その逆でも稼げるんじゃないか?

と考えるのは自然なことだと私は思います。

 

ですが、ある時、

「逆じゃ上手くいかないかも…」

と考える出来事がありました。

その出来事が一体何あのかお話しますね。

 

 

「逆じゃ無理かも…」と思った出来事

hero

 

結論からいうと、むしろ私たちは日本語が

使えることで非常に得をしていると思います。

 

まず、世界中が対象の記事だと

ターゲットが多いのは間違いないですが、

 

その分ライバルの数もハンパじゃない

です。

 

もちろん爆発したらその爆発力は

日本とは桁違いだと考えられますが、

ライバルが多くて非常に大変です。

 

これを象徴するような例として、

欧陽菲菲(オーヤンフィーフィー)さんの姪、

 

欧陽娜娜(オーヤンナナ)さんが

美人チェロ奏者として話題になりました。

 

2015092540953753

 

この話はあくまでも国内の話ではありますが

「欧陽娜娜」でキーワードを探すと今では

多くなってしまっています。

 

しかし、「オーヤンナナ」で検索すると

まだまだキーワードが空いてたり

するんですね。

 

グーグルトレンドでキーワードを

比較してみてもこのような結果に。

 

スクリーンショット 2016-06-10 23.39.24

 

もちろん正式名での検索の方が多いのは

確かなのですが、現時点ではほぼ一緒

 

このように、日本語の「カタカナ」

使って検索する日本人も多いことから、

ライバルを回避できる場合があるのです。

 

しかも日本の国内市場は大きく、

国民のほとんどがスマホかPCを

持っています。

 

逆に中国ではグーグルが使えなかったり、

1人1台スマホやPCを持っている国は

かなり珍しいと言えます。

 

そんな人口も多く、1人1台スマホを

持っている国のアクセスが日本語に

よって独占できているのです。

 

これってすごいことですよね(笑)

日本の大企業がなかなか海外に出て

いかないことも、

 

“日本市場がデカいから”

だと言われています。

 

逆に海外では他の国に出て行かないと

市場規模が小さい場合が多いのだそうです。

 

 

ということで…

d07da6f6b2e8b8ccb7a8728bc0c546f3-1024x667

 

日本語で記事を書くことによって

多くのライバルを減らすことが

できている場合があります。

 

 

英語で書いた場合のライバルの数を

考えるととても簡単に稼げるなんて

ことはなさそうです。

 

僕は実際に作ったわけではないので

実践してみた方がいれば

ぜひお話を聞かせてください。

 

日本市場は稼ぐには十分なので、

結果を出せるように頑張っていきましょう。

 

ノウハウが必要な場合は下記から

マニュアルを手に入れてください。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしよろしければシェアお願いします♪スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

*メールアドレス
*お名前

 

 

 

 

 

Loading Facebook Comments ...

*
*
* (公開されません)