アドセンスで生活できるだけのお金を自在に楽しく稼ぎ自由になるためのメール講座

スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

アドセンスのクリック率が0.1%は低すぎる?対策について!

アドセンスのクリック率が0.1%は低すぎる?対策について!

アドセンスのクリック率が低い、

または平均的に考えて自分が低い状態

なのかわからない状態ではありませんか?

 

今回の記事では、アドセンスの大体の

クリック率の目安だったり、0.1%が低いのか

どうかについてお話ししていきます!

 

 

クリック0.1%は低すぎる?

why-are-interest-rates-so-low

 

0.1%が低すぎるのかと言うお話の前に、

アドセンスのクリック率がどのように

算出されているかについてお話しましょう。

 

アドセンスのクリック率は

クリック数÷広告の表示回数×100

で計算されています。

 

ですが、少し前までこれとは違う

算出方法がとられていました。

 

少し前の算出方法は、

クリック数÷PV数×100

と言う計算がされていたのです。

 

アドセンスの広告はほとんどの方が

1ページの中に3つ設置していますよね?

 

ですから、全員がすべての広告に目を

通した場合を仮定すると、

数値は1/3になるのがお分かりでしょうか。

 

1PVに対して、広告が3つ。

PVで計算していたクリック率が1%なら、

0.33%まで下がるということです。

 

アドセンスのクリック率は、

もしあなたがトレンドアフィリエイト

などをやられている場合は約1%

聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

ですが、この数字はクリック数を

PVで割った際の数字なのです。

 

ですから、

「平均1%だと聞いていたのに0.1%!?」

とびっくりしているとすれば、

ちょっとお話が違っています。

 

とはいえ、従来の1%は

現在の0.33%

相当することを考えると、

 

0.1%は低い

ということが言えるでしょう。

 

 

クリック率が低いときの対策

Jose_Mario_Vaz

 

というわけで、もったいぶりましたが

0.1%は低いということです。

 

僕は計算するときには未だに

クリック数をPV数で割って

どのくらいか見るようにしています。

 

1%が基準というのはとても

わかりやすい指標ですからね。

 

では、調べてみてそれよりも

低かった場合、どのような

対策をとればいいのでしょうか?

 

 

広告の配置を考える

open-position_1_big

 

アドセンスを貼る位置によって

クリック率は当然変化します。

 

僕が見てきた中で多いなと感じたのは、

ブログのサイドバーに設置している方。

 

これは完全に旧時代の名残を感じるのですが、

これはPCでサイトを見ていた時代の話です。

 

モバイルブロードバンド全盛の現在は、

8割方のユーザーはスマホ

からアクセスしてきます。

 

これを意識した広告配置をしなければ

クリック率は高くはなりません。

 

実は、サイドバーというのはスマホで

見た際に一番下に出てきてしまう

という性質があります。

 

もちろん記事の本文は下に行けば

いくほど読まれなくなる確率が

上がるので、

 

記事が終了してからさらにスクロール

しないと表示されないところにある

広告は効果が薄いというわけです。

 

つまりは、ページ内に設置できる

3つのアドセンス広告は全て

記事の中に設置するべきです。

 

最適な広告の配置に関しては以下の

記事の中で紹介しているので

ご参照くださいませ。

 

関連記事:アドセンスのクリック率が低い!2倍に上げる配置や平均は?

 

 

広告のサイズを考える

Group of dogs different sizes isolated

 

広告のサイズにも様々なものがありますが、

僕がいろいろと試してきた中で一番

クリック率がいいと思ったのが、

 

レクタングル(大)

です。

 

このサイズだと嫌でも目に飛び込んで

きますし、うっかりクリックしてしまう

くらいスマホで見ると大きいです。

 

レクタングル(大)を使うのは非常に

おすすめなのですが、さらにおすすめ

な方法があります。

 

それは、

レスポンシブ広告をちょっと改造

することです。

 

基本的にはアドセンスのコードを

書き換えることは禁止されているのですが、

この程度の改変ならOKという回答を得ています。

(私もコンサル生も問題なく使用しています。)

 

この改造を行うとディスプレイ広告は

レクタングル(大)で表示され、

テキスト広告は画面の横幅

いっぱいに出る状態となります。

 

具体的なやり方については

こちらの記事を参照してください。

 

関連記事:アドセンスの適切な広告サイズは何?

 

 

広告の色を考える

Color Guide

 

これはテキスト広告の場合になりますが、

広告の色も重要です。

 

例えば記事が白地の背景なのに対して、

広告が黒字に赤文字だったら

感覚的に避けてしまいませんか?

 

結論から言えば、広告は記事の背景色に

なじませる形で設置するのが一番

クリック率が高くなります。

 

そして、記事の背景色は白がおすすめです。

なので、白地に黒文字の設定にした方が

広告を見てくれる可能性は高くなります。

 

それについてもこちらの記事の方で

解説しておりますのでご覧になってください。

 

関連記事:アドセンスのクリック率が低い!2倍に上げる配置や平均は?

 

 

ブログのジャンルもクリック率に影響する

baf0bf1a-b639-4782-9a2a-b09933842ea5

 

これらの対策方法を述べてきましたが、

ブログのジャンルによってもクリック率は

大きく変わる場合があります。

 

簡単に言うと、広告の内容と記事の内容が

マッチしていればいるほどクリック率は高く、

マッチしていないほど低くなります。

 

ですので、よくアドセンス広告で見かける

FX系などのブログであればクリック率は

高くなりやすいですし、

 

反対にスポーツ用品などの広告はアドセンス

ではあまり見かけないので、クリック率は

低くなりがちです。

 

これまでお話してきた対策を施しても

ブログのジャンルによっては解決するのが

難しい場合があることを知ってください。

 

ジャンルによっては、アドセンスよりも

ASPの物販広告などを貼った方が

効果が期待できる場合があります。

 

 

まとめ

c7887a92414f854a9067849a51b9bb02

 

 

クリック率が0.1%だとしたら、それは低い状態です。

0.3%前後であれば問題ないのですが、

それ以下だったり、

 

クリック数をPVで割って100をかけた時に

1%前後ではなかった場合、それは低い状態

だと言えるでしょう。

 

・広告の配置

・広告の大きさ

・広告の色

 

この3点について適切な対策をすれば

クリック率の改善はある程度見込めます。

 

ただし、ブログのジャンルによっては

アドセンスで稼ぎにくい場合もあるので、

 

自分のブログのジャンルの広告が

アドセンスに出稿されているのか

確認した方が賢明だと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしよろしければシェアお願いします♪スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

*メールアドレス
*お名前

 

 

Loading Facebook Comments ...

*
*
* (公開されません)