アドセンスで生活できるだけのお金を自在に楽しく稼ぎ自由になるためのメール講座

スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

アドセンスのラベルは”スポンサードリンク”or”広告”どっち?

アドセンスのラベルは”スポンサードリンク”or”広告”どっち?

 

こんにちは、いずみです。

 

今回は、アドセンス広告の上に表示する

ラベルについてお話をしていこうと思います。

 

実は、ラベルとして使用していいもの

というのは決められています

 

何を使うべきなのか?

・スポンサードリンク

・広告

ではどちらがいいのか?

 

など、詳しくお話していこうと思います!

 

 

使ってもいいラベル表示は?

brain-use-it

 

アドセンスのラベル表示に広く

使われているのは

 

・スポンサーリンク

・スポンサードリンク

・Sponsored Link

・Ads

 ・広告

 

あたりが多いのではないかと思います。

しかし実は、アドセンスの規約を見ると

 

Google 広告のラベルには、

「広告」または「スポンサーリンク」のみ

を使用するようお願いいたします。

 

(出典:広告の配置に関するポリシー

 

という風に明記されています。

 

つまり、

・スポンサードリンク

・Sponsored Link

・Ads

 

これらはアウトということになります。

 

ただし、これらは本来の目的を考えると

広告とコンテンツを間違えて認識しない

ようにするための措置ですから、

 

目的さえ果たしていれば、

アウトになることはほぼないと思います。

 

実際ぼくが、アドセンスを始めた頃からずっと

「スポンサードリンク」なのです(笑)

 

一度もこの件でアドセンスから連絡が

きたことはないので、そこまで厳しくは

していないようですね。

 

本当にアウトになってしまうのは

・関連情報

・関連リンク

などの誤解を与える表現になります。

 

まぁ大きな問題はないとはいえ、

アドセンスが明言しているのですから

それに従うのが無難でしょう。

 

 

“スポンサーリンク”or”広告”どっちがベスト?

businessman

 

では、この2つではどちらを

使う方が理想的なのでしょうか?

 

ぼくは「スポンサーリンク」

を使うことをオススメします。

 

この時どのように考えるかですが、

このラベルは広告とコンテンツを

明確にするためのなので、

 

逆に言えば「あいまいなもの」

使用した方がクリック率が高いわけです。

 

あなたのブログを見ているのは

ほぼ日本人ではないかと思いますが、

 

「広告」と思いっきり書かれていれば

もちろんすぐに広告だと認識できますが、

 

「スポンサーリンク」と書かれていれば

「広告」というイメージに直結しない

人も中にはいるでしょう。

 

もちろんアドセンスについて無知な人に

限ったお話ですが、横文字の方が

意味を認識しにくいはずです。

 

そういう意味でスポンサーリンクを

使用した方が広告を見る際の

抵抗感が少ないとかんがえられます。

 

もちろん、収益に対してそこまで大きな

影響はないと思いますけどね(笑)

 

 

まとめ

c7887a92414f854a9067849a51b9bb02

 

アドセンスが公式に許可しているラベルは

・スポンサーリンク

・広告

の2つのみ。

 

横文字の方が瞬時に意味を理解しにくいので

「スポンサーリンク」を使用することを

オススメします。

 

・関連情報

・関連リンク

 

などのコンテンツと間違えそうな

表記は禁止されていますので

注意してくださいね。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしよろしければシェアお願いします♪スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

*メールアドレス
*お名前

Loading Facebook Comments ...

*
*
* (公開されません)