アドセンスで生活できるだけのお金を自在に楽しく稼ぎ自由になるためのメール講座

スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

Googleアドセンスの収益が上がる仕組みを詳しく解説!

Googleアドセンスの収益が上がる仕組みを詳しく解説!

 

こんにちは、いずみです。

 

今回は

「Googleアドセンスの収益が上がる仕組み」

についてお話していこうと思います。

 

どのようにしてあなたに報酬が入り、

どのようにしてグーグルは収益を

あげているのでしょうか?

 

これを読めばあなたの記事を書く際に

気をつけるべきことすら見えてくる

はずです。

 

それでは、詳しく見ていきましょう!

 

 

Googleアドセンスの収益が上がる仕組みは?

carpenter-fig07_001

 

アドセンスの仕組みですが、

多くの方(特に初心者)は間違った

認識(イメージ)をしていて、

 

そういう方は下記のイラストの

ような関係だと思っています。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-12-24-34

 

画像の男性があなただとすると、

あなたの書いた記事にアクセスした人が

広告をクリックすると報酬がもらえる

という関係図です。

 

もしもあなたがこんな関係性だと

理解しているのであればそれは

間違いです。

 

実際の関係はこうなっています↓

ipa003

 

画像が広い画で申し訳ありませんが、

正しい関係はこうなっています。

 

つまり、

1.企業がグーグルに広告を出稿

2.あなたが広告を拡散させる

3.グーグルからマージンを引かれた

分が報酬としてあなたに支払われる

 

こんな関係性になっています。

 

 

この図が意味する大切なこと

resume-most-important-part

 

グーグルにとって、広告主の企業は

大切なお客様です。

 

あなたはグーグルの大切なお客様の

出稿した広告を扱うわけですから、

 

広告主の企業のイメージを損ねたり

するようなことはあってはなりません。

 

そういうことがないように、

アドセンスはルールを

厳格化しているのです。

 

さらには、あなたのブログは

グーグルの検索エンジンに

表示されるわけですから、

 

グーグルが望むコンテンツ

作っていく必要があります。

 

さらに言えば、グーグルが望む

コンテンツはユーザーが満足する

ものを指しています。

 

つまりあなたは、単純にアクセス

を集めてクリックさせれば

お金が入るという認識ではなく、

 

・広告主

・グーグル

・ユーザー

 

この3者のことを考えてブログを

い運営していく必要があるのです。

 

 

具体的にどうすれば良いのか?

should

 

では、3者のことを考えて運営する

ということはどういうことなのか

考えていきたいと思います。

 

 

広告主の立場で考える

 

まず、広告主の立場で考えてみましょう。

(ビジネスでは相手の立場になって

考えるということはとても重要です)

 

もしあなたがグーグルにお金を払って

広告を掲載している立場だったら、

どんなことがあったら嫌でしょうか?

また、何が嬉しいでしょうか?

 

企業にとって嫌なことは

・広告を見てもらえない

・売り上げ、集客に繋がらない

・イメージの悪いサイトに掲載される

 

このようなことではないかなと思います。

 

たくさんの人に見てもらいたいと

思っているでしょうし、

 

クリックされればされるほど

企業にはお金が発生しますから、

興味のない人にクリックされると

広告主は損をしてしまいます。

 

興味のない人にクリックされると

お金ばかり出て行って売り上げや

集客に繋がらないのであれば、

 

企業にとってはお金を

あげてしまったようなものです。

 

逆に、嬉しいことは

・たくさんの人に見てもらえる

・売り上げ、集客につながる

・企業のイメージが上がる

 

ということではないかなと思います。

ですので私たちができることは

 

たくさんのアクセスを集め

広告を多くの人に見てもらえるよう

適切な位置に配置し、

 

興味のない人が誤ってクリック

してしまわないように

広告を配置して、

 

企業に悪いイメージを与えて

しまうようなサイトではなく、

魅力的なサイトを運営する

ということです。

 

 

グーグルの立場で考える

 

グーグルにとって嫌なことは

・企業に損害を与える

・検索エンジンが不便になる

 

ということではないかと思います。

 

ですので先ほど書いたように、

グーグルのお客さんである広告主

にマイナスのイメージを与えないこと。

 

(あなたの会社があったとして、

マジメにやっている会社なのに

アダルトサイトに広告が出ていたら

いやだと思いますよね?笑)

 

検索エンジン上に価値のない記事を

登場させてユーザーの利便性を

下げてしまうこと。

 

これらがグーグルにとって

嫌なことではないかなと思います。

 

ですので、

・企業にメリットを与える

・ユーザーにメリットを与える

 

これがグーグルから見た場合の

私たちに求めたいことでしょう。

 

 

ユーザーの立場で考える

 

ユーザーにとって嫌なことは

・どこを見ても同じことが書いてある

・内容が役に立たない

・探したい情報が見つからない

 

というようなことでは

ないかなと思います。

 

つまり、

・コピペではなくオリジナルの情報がある

・知りたいことが知れて役にたつ

・知りたかったことがすぐに見つかる

 

というものを目指すべきでしょう。

このようにそれぞれの立場で考えると

自分がどんな記事を書いていくべきかの

参考になるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

c7887a92414f854a9067849a51b9bb02

 

広告主や見てくれるユーザーが

いてこそぼくらは報酬を得ることが

できることがわかりましたよね?

 

広告主、ユーザー、グーグルにとって

いいものは何か?ということを考えて、

 

「このブログに広告を貼ってほしい!」

と思われるようなものを作って

いきましょう☆

 

ちなみにさらに詳しいアドセンスで

稼ぐための内容については

 

無料メール講座に登録していただき、

そこからプレゼントでもらえる

全26冊約500ページの教科書で

学ぶことが可能です。

 

教科書が無料で提供されているのは

今だけとなりますので、この機会に

ぜひ手に入れてみてくださいね☆

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしよろしければシェアお願いします♪スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

*メールアドレス
*お名前

 

Loading Facebook Comments ...

*
*
* (公開されません)