アドセンスで生活できるだけのお金を自在に楽しく稼ぎ自由になるためのメール講座

スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

Googleアドセンスは同じコードを使って記事に貼っていいの?

Googleアドセンスは同じコードを使って記事に貼っていいの?

 

こんにちは、いずみです。

 

今回はアドセンス広告をブログに設置する際、

同じ広告コードを流用して使ってもいいのか?

というテーマでお話していこうと思います。

 

ブログにまだ慣れないうちはわからない

ことだらけかと思いますが、

一緒に頑張っていきましょう♪

 

 

アドセンスのコードは同じでいいの?

5

 

1つの記事の中に、基本的には広告を

3つ設置するように設定するのが普通ですが、

(今では広告の数に制限はなくなりました)

 

その3つの広告コードは全て

同じものを使っていいのか?

という疑問に対する答えは、

 

コードは分けたほうがいい

です。

 

もちろん同じコードを設置することも

可能背はあるのですが、ぼくが分けた

ほうがいいと思う理由を書いていきますね。

 

 

コードを分けるべき理由は?

should

 

コードを分けるべき理由は、

「それぞれのデータが取れるから」

です。

 

どの広告がどれくらい見られているか?

どの広告がどのくらいクリックされたか?

ブログごとの収益はいくらか?(複数ある場合)

 

ということは、コードを分けないと

確認することができません。

 

それぞれのデータを見て、クリック率が

悪い場合には位置を変えてみるなどの

措置をとることができるようになります。

 

そして、アドセンスでは

“アクティブビューの視認可能率”

という数字が確認できます。

 

これは要するに

「ページを訪れた人の何%が

広告を見ているか?」

ということを示す数字です。

 

これが広告ごとに表示されるので、

広告を記事の上・中・下に設置して

いるとすれば、

 

記事がどれだけちゃんと

読まれているか?

 

ということをチェックすることができるのです。

ほとんどの人が思ったより読まれてなくて

ちょっと凹むのパターンが多いですがw

 

 

「アクティブビューの視認可能率」の見方

looking-for-designers

 

アクティブビューの視認可能率は

アドセンスのパフォーマンスレポート

レポートタイプを「広告ユニット」

にすると確認することができます。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-09-17_12_51_26

 

↑この状態ですね。

 

すると以下のように表示されます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-17-12-49-36

 

この画像だと、

最後まで読んでくれて

いるのは全体の3割

ということができます。

 

もうじっくりちょっと読んでくれる

方が増えていくようにさらに

頑張っていこうと思う次第ですね。

 

こんな風にデータが取れるので、

広告ユニットは分けて使いましょう♪

 

 

まとめ

c7887a92414f854a9067849a51b9bb02

 

アドセンスの広告ユニットは、

データをそれぞれ

取得できるので分けて

使用するのがオススメです。

 

それぞれのクリック率や

アクティブビューの視認可能率を見て、

自分の弱点を発見しましょう♪

 

その他さらに詳しいアドセンスの情報や

稼ぐための具体的なノウハウについては

無料メール講座の中で公開しています!

 

今なら全26冊、約500ページ

ブログで稼ぐための“教科書”

今なら無料プレゼント中なので、

ぜひ手に入れてくださいね♪

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしよろしければシェアお願いします♪スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

*メールアドレス
*お名前

 

Loading Facebook Comments ...

*
*
* (公開されません)