アドセンスで生活できるだけのお金を自在に楽しく稼ぎ自由になるためのメール講座

スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

アドセンスでノンアルコールビールや日本酒はネタにできるの?

アドセンスでノンアルコールビールや日本酒はネタにできるの?

 

こんにちは、いずみです。

 

今回はアドセンスを貼っているブログに

日本酒・ノンアルコールビールの内容を

書いてもいいの?という内容です。

 

規約の厳しいアドセンスでは、

お酒に関する禁止事項もあります。

 

日本酒、ノンアルコールビールの

場合はどうなのか詳しく見て

いきましょう!

 

 

お酒に対するアドセンスの見解

sake-boom

 

いきなり結論から書きたかったのですが

アドセンスのお酒に対する見解は

少し変わっているのでそちらから。

 

基本的なスタンスとしては、

・お役立ち系はOK

・販売は不可

 

という形です。

ポリシーを見てみると、

 

許可される 許可されない
  • ワインやシャンパンを販売するサイト
  • ビールの蒸留や醸造の方法に関する情報提供や設備販売を行うサイト
  • パブの場所を示した各種資料
  • アルコール(ビール、ハードリカー、リキュール)の直接販売を主な目的とするサイト。注: ワインやシャンパンの販売を主な目的とするサイトには適用されません。

 

このように書かれています。

お酒の醸造に関することだったり、

二日酔い対策の記事ならOKでしょう。

しかし、販売目的になると禁止。

 

で、なぜかワインとシャンパンはOK

 

という謎の規約になっています(笑)

これに関しては理由はサッパリですが、

 

私たちにとってグーグルは絶対的な存在、

グーグルが白と言えば白、

黒と言えば黒なのです…(笑)

 

この不思議なルールは

一応覚えておきましょうw

 

 

日本酒やノンアルコールビールはどうなる?

wpid13384-hitherandthither-2

 

ノンアルコールビールは文字どおり

ノンアルコールでお酒ではないので

書いても大丈夫な気がしますが、

実は年齢確認されます。

 

お酒ではないので健康に害はないそうですが、

あくまで20歳以上を対象に作られており、

飲酒を助長する可能性があるので

未成年には勧めていないものなんです。

 

なので、ここに関するアドセンスからの

公式なアナウンスは何もないですが、

他のお酒類と同様に

 

・お役立ちはOK

・販売は禁止

 

というニュアンスで捉えておいた

方がいいと考えられます。

 

ちなみに日本酒は普通にお酒ですし、

ワイン・シャンパンの例外にも

含まれていないので同じように

 

・お役立ちはOK

・販売は禁止

 

というスタンスでしょう。

 

なので、気をつけてくださいねw

リスクヘッジで避けても全然OKです。

 

 

まとめ

c7887a92414f854a9067849a51b9bb02

 

お酒に関する内容は基本的に

・お役立ち系(製造に関することなど)はOK

・販売は禁止

・ワインとシャンパンだけ例外的に書ける

 

という認識でいてください。

 

今回の記事のポイントは、

ノンアルコールビールは未成年が

飲んでもいいというものではない

ということです。

 

ですのでお酒と同様に扱いましょう。

「こどもビール」ならいいと思いますが(笑)

 

さらに詳しいアドセンスに関する

情報やブログで稼ぐためのノウハウは

無料メール講座で公開しています。

 

今なら全26冊、約500ページ

ブログで稼ぐための“教科書”

を無料でプレゼント中ですので、

 

下記のフォームから登録して

今のうちにプレゼントを

手に入れてくださいね♪

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしよろしければシェアお願いします♪スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

*メールアドレス
*お名前

Loading Facebook Comments ...

*
*
* (公開されません)