アドセンスで生活できるだけのお金を自在に楽しく稼ぎ自由になるためのメール講座

スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

GoogleアドセンスページのRPMが低い!平均はどのくらい?

GoogleアドセンスページのRPMが低い!平均はどのくらい?

 

こんにちは、いずみです。

 

今回はアドセンスのページRPMが低くて

悩んでいる方のための記事を書いていこう

と思っております。

 

「自分のRPMが低い!」と思っている方は

どこを改善すればRPMを上げることが

できるのでしょうか?

 

そして、平均的なRPMはどのくらいと

認識してやっていくべきなのか?など、

詳しくお話していこうと思います!

 

 

アドセンスのページRPMが低い…?

think-1

 

「RPMとは何か?」という

ところからまずお話ししていきますが、

 

RPMとは

「1000PVあった時、

報酬がいくら発生しているか?」

という指標になります。

 

ですから計算式は、

見積もり収益額 ÷ PV数 × 1000=RPM

という計算になりますね。

 

つまりこの数字をチェックすれば、

「効率よく稼げているかどうか?」

が判断できます。

 

RPMが低い

→PV数のわりに稼げていない

→改善すればもっと稼げる

ということが言えますし、

 

RPMが高い

→効率よく稼げている

 

ということが言えるかと思います。

では、その高い低いというのは

どのように判断するのでしょうか?

 

 

RPMの平均と基準は?

depositphotos_3390028_m12-1500x854

 

日本中のブロガーのRPMの平均は

正直なところわからないのですが、

 

アフィリエイトブログにアドセンスを

設置している場合のRPMは

だいたい300円前後です。

 

ぼくは調子がいいときはこんな感じです。

スクリーンショット 2016-09-02 2.01.30

 

特に特化型のブログならこのくらいの

数値が出ても不思議ではないですね。

 

200円以下なら低い

と判断して大丈夫かと思います。

あなたはどうでしょうか?

 

低いときにできる対策について

お話していこうと思います。

 

 

RPMが低いときにできる対策は?

should

 

では、RPMが低いときには

どのような対策がとれるのでしょうか?

可能なのは…

 

  • 広告の種類を変更
  • 広告の配置を変更
  • 誤クリックをなくす配置にする
  • 単価の高いジャンルの記事にする

 

これらの方法が考えられます。

では、それぞれ見ていきましょう。

 

 

その①:広告の種類を変更

 

 

クリック率を改善すればRPMは上がり

ますし、クリック単価が増えればこちらも

RPMを上がることになります。

 

クリック率が高い広告の条件は

  • サイドバーではなくコンテンツ内にある
  • サイズが大きい
  • 内容が記事の内容に合っている

 

これらの条件のときにクリック率は

高くなります。

 

サイドバーよりもコンテンツの中に

合ったほうが高くなるのは近年

スマホユーザーが多いので、

 

サイドバーはスマホからだと最後に

表示されてしまうので、記事の中に設置

したほうが広告の視認率が上がるからです。

 

さらに大きな広告には小さな広告のとき

に表示されるものも表示対象となるため、

表示させる広告の競争率が上がり、

クリック単価が高くなる傾向にあります。

 

ただし、記事の内容を広告の内容に

合わせるのは限界があるので、

あまり考えなくていいでしょう。

 

これらの条件を満たした広告タイプは、

“レスポンシブ広告をカスタマイズしたもの”

になります。

 

具体的なやり方はこちらの記事を

ご参照ください↓

 

関連記事:

アドセンスのクリック率が低い!2倍に上げる配置や平均は?

 

なお、この設定をした時にスマホで見ると

広告がはみ出してしまうという場合には

こちらの記事をごらんください↓

 

関連記事:

Googleアドセンスの表示をスマホとPCで切り替える方法は?

 

 

その②:広告の配置を変更

 

広告の配置を見直し、

クリック率の高い配置にする

という方法になります。

 

では、どのような配置が

クリック率が高くなるのか?

詳しくはこちらの記事をご覧ください↓

 

関連記事:

アドセンスのクリック率が低い!2倍に上げる配置や平均は?

 

 

その③:誤クリックをなくす配置にする

 

誤クリックが増えていくと、

あなたのアドセンスアカウント自体に

悪影響がありクリック単価が下がります。

 

なので、RPMが低いと感じているなら

誤クリックをなくすように気をつけ

なければいけません。

 

誤クリックを減らす方法としては

  • 「スポンサーリンク」などのラベルを入れる
  • 話のキリのいいところに広告を入れる
  • 広告とコンテンツの間にスペースを入れる
  • ページの先頭に広告を置かない

 

このような事が言えるかなと思います。

ちなみにクリック率が高い広告の配置で、

「moreタグのところに入れる」

という方法が出てきますが、

 

こちらは間違いなくクリック率はいいのですが

誤クリックも発生する配置ですので、

あまりにRPMが低いならやめたほうがいいかもです。

 

ちなみに誤クリックによって

クリック単価が下がってしまう現象は

“スマートプライシング”

という仕組みによるものです。

 

関連記事:

アドセンスのスマートプライシングとは何?対策・改善策を調査 

 

 

その④:単価の高いジャンルの記事にする

 

この方法は正直あまり現実的ではない

とぼくは考えていますが一応紹介しますw

 

アドセンスのクリック単価が高い

ジャンルのブログを作っていく

というお話になりますが、

 

本来であればどんなジャンルのブログにも

応用できることを紹介しないと意味ないですし、

クリック単価によってブログのジャンルが

縛られると書きたいことも書けませんw

 

どんなジャンルがクリック単価が

高いジャンルなのか?という点に

ついては以下の記事を見てください↓

 

関連記事:
アドセンスのクリック単価を上げるには?平均や1円が出る理由!¥

 

 

まとめ

c7887a92414f854a9067849a51b9bb02
以上、ページRPMを高くするために

できることについてできる対策について

書いていきました。

 

だいたい300円弱くらいなら

特に気にする必要はありません。

 

そもそも、アクセス数が

1日1万PV以下であれば、

ただしいデータが取れないので

まだ気にしなくて大丈夫です。

 

このほかにもアドセンスに関してや

ブログで稼ぐノウハウについては

無料メール講座で公開しています。

 

今なら全26冊、約500ページ

ブログで稼ぐための“教科書”

もプレゼントしておりますので、

 

ぜひぜひ今のうちに下記のリンクから

ゲットしていただければと思います♪

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしよろしければシェアお願いします♪スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

*メールアドレス
*お名前

Loading Facebook Comments ...

*
*
* (公開されません)