アドセンスで生活できるだけのお金を自在に楽しく稼ぎ自由になるためのメール講座

スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

アドセンスの税金は学生だといくら稼いだら納めるべきなの?

アドセンスの税金は学生だといくら稼いだら納めるべきなの?

 

こんにちは、いずみです。

 

今回は、アドセンス及びアフィリエイトで

学生はいくら稼いだら納税(確定申告)

しなければならないのか?

というお話をしていきたいと思います!

 

副業をする際にはやはり税金の面

っていうのは心配になるところですよね。

うっかり脱税すると犯罪ですからね。

 

それでは、詳しく見ていきたいと思います!

 

 

学生が納税(確定申告)が必要になるのはいくらから?

5

 

よく、

  • 副業のサラリーマンは年額20万円から
  • 主婦は38万円から

こんな風に書かれているのを見ませんか?

 

じゃあ、どっちでもない学生は

一体どっちに当てはまるんだ?

という疑問がわきますが、

 

これは、厳密にはサラリーマンとか

主婦だからの問題ではなくて、

 

“’給与所得があるかどうか?”

という基準で判断することになります。

 

なので、あなたが学生なのであれば

アフィリエイト以外にもバイトの収入等

があると年額20万円からですし、

 

「親の仕送りだけで生活してますよ!」

という方がアフィリで稼ぎ出した場合は

年額38万円からになります。

 

まぁ、親の仕送りだけで暮らせる人が

アフィリを頑張っているところは

見たことがありませんけどね…(笑)

 

人間必要に迫られないとがんばれない

ものなのかもしれません…w

 

そういう意味では学生時代は仕送りだけで

悠々自適に暮らして居る人が羨ましかった

ですが、今ではバイトしないと暮らせない

生活でよかったなと思います。

 

おっと、話が逸れましたw

 

というわけであなたが学生なら

  • バイトの給料をもらっていたら年額20万円
  • バイトしていなかったら年額38万円

ということになります。

 

わかりやすい画像を発見したので

引用させていただきますね↓

 

20151004_tax_002

(引用元:A8.net)

 

 

必要なものはちゃんと“経費計上”しましょう

book-publishing-costs

 

アドセンスをはじめとした

アフィリエイトをやる際には

コンサルセミナーを受けたり

教材を買ったりしますよね。

 

こういうものにかかったお金はちゃんと

経費として稼いだお金から引いて

なるべく税金を安く収めましょう。

 

もちろんセミナー会場に行くための

電車賃だって経費にできますし、

仕事で使ったカフェ代も経費になります。

 

ちなみにレシートや領収証は必ずしも

提出を求められるわけではないですが、

万が一のため保管しておくといいです。

 

ちなみにアフィリエイターで経費として

発生しやすいものを挙げていくと…

 

【通信費】

・インターネット代

・ドメイン代

・サーバー代

・メルマガスタンド利用料

・etc…

 

【消耗品費】

・パソコン代

・スマホ端末代

・etc…

 

【研修費】

・教材購入費

・セミナー代

・etc…

 

【旅費交通費】

・飛行機代

・バス代

・宿泊代

・etc…

 

こんな感じでしょうか。

 

 

まとめ

c7887a92414f854a9067849a51b9bb02

 

結果が出てきたら、多少面倒ですが

こういうことも必要になってきますね。

 

ちなみに稼ぐ前から税金について心配

している人をたまに見かけますが、

稼いでから悩んでくださいw

 

稼ぐ前から考えて尻込みしても

全くもって意味がないのでw

 

がっつり稼いで、そのお金で税理士さんに

相談するくらいの気持ちでいてくださいね。

 

このほかにもアドセンスに関してや

ブログで稼ぐノウハウについては

無料メール講座で公開しています。

 

今なら全26冊、約500ページ

ブログで稼ぐための“教科書”

もプレゼントしておりますので、

 

ぜひぜひ今のうちに下記のリンクから

ゲットしていただければと思います♪

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしよろしければシェアお願いします♪スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

*メールアドレス
*お名前

 

Loading Facebook Comments ...

*
*
* (公開されません)