アドセンスで生活できるだけのお金を自在に楽しく稼ぎ自由になるためのメール講座

スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

Googleアドセンスで画像を引用する際に気をつけるべき4点!

Googleアドセンスで画像を引用する際に気をつけるべき4点!

 

こんにちは、いずみです。

 

今回はGoogleアドセンスを使って

稼いでいくにあたって、画像を引用する

ときにはどんなことに気をつけるべきか?

というお話をしていこうと思います。

 

アドセンスはルールが厳しいので、

しっかり理解しておかないと警告を

受けたり広告を停止されたり…

 

最悪の場合にはアカウントごと削除され、

再取得はできない状態になってしまいます

ので、しっかり理解しておきたいところです。

 

それでは、詳しくみていきましょう!

 

 

画像を引用する際に気をつけたいこと

attention-clipart-your-attention-please-clipart-1

 

アドセンスを使ったブログに画像を引用

する際に気をつけなければいけないことは、

 

  • 肌の露出が多くないもの
  • ショッキングではないもの
  • 著作権に触れないもの
  • 第三者が加工したものでないもの

 

この4点について主に気をつけています。

それぞれについて説明していきますね。

 

 

その①:肌の露出が多くないもの

 

アドセンスではアダルト的な表現はNG

ということになっていますが、それを

連想させるようなものも避けましょう。

 

本来であればそういった意図がない

水着画像などについても、リスクを

回避するような意味で避けましょう。

 

たとえ、男性であっても裸の画像は

使わない方が無難です。

 

まぁ筋肉マッチョの画像を使って

違反は食らったことはないですが、

何かあったら大変なのがアドセンスなので

変なリスクは潰していきましょうw

 

駆け出しのグラビアアイドルなどは

セクシーな画像しかなかったりしますので、

そういう場合には画像を切り取りして

使用してください。

 

関連記事:

Googleアドセンスでビキニ・水着の画像はポリシー違反になる?

 

 

その②:ショッキングではないもの

 

例えば暴力的な画像であったりとか、

兵器の画像や薬物の画像、

グロテスクなものは避けましょう。

 

アドセンスの規約の基本は、

「小さい子供や家族に見せられるか」

というのが一つの基準になっています。

 

当たり障りのない画像を使いましょうw

 

 

その③:著作権に触れないもの

 

厳密に言えばフリー素材以外は

著作権には触れてしまうのですが、

画像にはそんなにうるさくないのが実情です。

 

なので、芸能人の画像などを勝手に

使用してもそれが原因で警告が来た

ことは一度もありません。

 

ご本人や事務所から苦情のメールが

入った人なら知っていますがw

 

ですが、

  • TV番組のロゴ
  • 著作者のサイン

 

など、明らかに直作者が明記されているもの

は意図的に避けています。

 

フォトグラファーの名前入りの写真

などは明らかに無断使用をされると

向こうが嫌な気持ちになるからですね。

 

ちなみにディズニーやジャニーズの

画像などもなるべく使わないように

していますが、

 

アドセンスに警告されるというよりは

やはり本人や事務所からの苦情という

形になるかなと思います。

 

ただし、グーグルの中の人の情報によると

やはり一応決まりとしてはダメらしいので、

画像の引用元を載せるようにしています。

 

 

その④:第三者が加工したものでないもの

 

これはトレンドブログでよくあるのですが、

  • 画像を反転させる
  • 画像に枠をつける

 

などの加工をすることで、

「これは私が加工したものなので著作権は私です」

というようなくだらないことをやっている

人たちがいるようです。

 

実にくだらないというか、そんなことで

著作権に触れないはずがないでしょうw

全くもって意味ないというか、

どういう思慮の浅さなんだろう?と思いますw

 

こういったものを画像検索で見つけた

際には使わないように避けています。

 

まぁ、これは同じことをしていると

思われたくないくらいの感情論ですねw

だから、大事なノウハウではないです(笑)

 

 

まとめ

c7887a92414f854a9067849a51b9bb02

 

アドセンスで画像を引用する際の

注意点についてまとめていきましたが

いかがでしたでしょうか?

 

  • 肌の露出が多くないもの
  • ショッキングではないもの
  • 著作権に触れないもの
  • 第三者が加工したものでないもの

これらは避けていきましょう。

 

ちなみに、画像に禁止ワードが書かれて

いるものも当然避けてくださいねw

 

このほかにもアドセンスに関してや

ブログで稼ぐノウハウについては

無料メール講座で公開しています。

 

今なら全26冊、約500ページ

ブログで稼ぐための“教科書”

もプレゼントしておりますので、

 

ぜひぜひ今のうちに下記のリンクから

ゲットしていただければと思います♪

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしよろしければシェアお願いします♪スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

*メールアドレス
*お名前

Loading Facebook Comments ...

*
*
* (公開されません)