アドセンスで生活できるだけのお金を自在に楽しく稼ぎ自由になるためのメール講座

スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

アドセンスでブロックすべき広告!criteo(クリテオ)は非表示?

アドセンスでブロックすべき広告!criteo(クリテオ)は非表示?

 

こんにちは、いずみです。

 

今回は、アドセンスでブロックすることに

よって収益が上がると思われる広告を

ブロックしてクリック単価を上げる方法です。

 

アドセンスでは表示させたくない広告を

選ぶことができ、収益性の悪い広告を

ブロックすることで効果が期待できます。

 

そのブロックすべき広告とは?

criteo(クリテオ)は非表示にすべき?

それでは、詳しく見ていきましょう!

 

 

アドセンスでブロックすべき広告は?

19fyznjc0ugq0jpg

 

アドセンスで収益性の悪い広告を

ブロックすることによって収益性を

高くすることができます。

 

ですが、やり方を間違えると表示させる

候補の広告の数が減ってしまい、

クリック単価が低下する恐れもあります。

 

アドセンスのクリック単価はオークション

のような形式で出稿単価の高いものから

表示されていくので、

 

オークションの参加者自体が少ない

という状態になってしまうんですね。

 

そうしたらもちろん価格は下がって

しまいますよね。。。

 

アドセンスの広告をブロックした結果が

どうなるかと言うことは厳密には

やってみないとわからないのですが、

 

“ブロックした方がいい”とされているのは

criteo(クリテオ)

と呼ばれている広告です。

 

 

criteo(クリテオ)ってなに?

maxresdefault-1

 

クリテオはあなたが過去に検索した商品を

広告上に再表示させるという

リターゲティング広告

をだしている会社です。

 

  • 楽天
  • アマゾン

 

などの広告が出ている場合にはクリテオの

システムを使って表示されています。

 

ちなみに楽天アフィリエイトであれば

クリックされてから30日以内にユーザーが

商品を購入すれば報酬が入りますが、

 

アドセンスの場合は単純にアドセンスが

クリックされたと言う情報しか残りません。

 

なので楽天アフィリエイトにも取り組んで

いるような方からすれば必ずブロックしたく

なるようなものかと思います。

 

ちなみにクリテオの会社と直接契約して

クリテオの広告を配信することもできるの

(条件付き)ですが、なかなか良いようです。

 

ただしその場合は月間10万PV以上あるなど、

細かい制約もありますので

誰でも使えるというものでもないみたいです。

 

関連記事:

criteo(クリテオ)の広告はアドセンスと併用or代替に匹敵する?

 

 

クリテオ(criteo)をブロックする方法

mujer-millennial

 

クリテオの広告をブロックするなら、

まずはアドセンスにログインしましょう。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-23_17_44_46

 

画面左上の「三」のような部分をクリックし、

メニューをひらいてください。

 

その開いたメニューの中から

「広告の許可とブロック」

というところをクリックしましょう。

 

そして出てきたページの上部のメニューから

「広告ネットワーク」をクリックします。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-23_17_50_38

 

画像右上の検索窓に「criteo」と入力し、

検索にヒットしたものをオフにしていきます。

以上でクリテオが無効になりました。

 

 

他の広告をブロックする場合

no

 

次の画像をご覧ください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-23_17_55_51

 

先ほどは「広告ネットワーク」をクリック

していただきましたが、その中に

「一般カテゴリ」というものがあります。

 

ここの画面にある

  • 広告表示回数の割合
  • 収益額の割合

という2つの数字があります。

 

表示回数の割合が大きく、

収益額の割合が低いものを

割の悪い広告とみなしブロック

 

という方法があります。

ただしこれに関してはジャンルが

かなり細かく細分化されている点や、

 

ブロックできる数も限られている

ことから必ずしもうまくいくわけ

ではありませんのでご注意を。

 

まぁあまりにRPMが低くて困って

いるような状況ならやって見ても

良いかもしれないですね。

 

 

まとめ

c7887a92414f854a9067849a51b9bb02

 

広告のクリック単価が低くて

困っているような場合にはまず

criteo(クリテオ)を停止してみましょう。

 

それでもダメな場合には

広告の表示回数の割合に対して

収益額の割合が低いものを

停止して様子を見てみましょう。

 

また、クリテオを単体で使用する場合には

悪いものではないので使ってみると

良いのではないかと思います。

 

このほかにもアフィリエイトに関してや

ブログで稼ぐノウハウについては

無料メール講座で公開しています。

 

今なら全26冊、約500ページ

ブログで稼ぐための“教科書”

もプレゼントしておりますので、

 

ぜひぜひ今のうちに下記のリンクから

ゲットしていただければと思います♪

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしよろしければシェアお願いします♪スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

*メールアドレス
*お名前

Loading Facebook Comments ...

*
*
* (公開されません)