アドセンスで生活できるだけのお金を自在に楽しく稼ぎ自由になるためのメール講座

スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

アドセンスの“どの広告がクリックされたか”を楽に調べる方法!

アドセンスの“どの広告がクリックされたか”を楽に調べる方法!

 

こんにちは、いずみです。

 

今回は、グーグルアドセンスの収益を

どの広告が生み出しているのか?

もっと言えば、

 

「どの広告がクリックされているのか?」

というお話をしていこうと思います。

 

これが分からなければクリック率を改善

したいときなどに何を改善すべきか

さっぱり分からないですよね?

 

どの広告が収益に貢献してくれているのか

知ることは収益アップにとっても重要です。

それでは、詳しく見ていきましょう!

 

 

どの広告がクリックされたか?を知る方法!

man-choosing-door-optimized

 

クリックされた広告を調べるには

主に以下の方法があるかと思います。

 

  • アナリティクスとアドセンスを連動する
  • 広告ユニットごとにクリック率を調べる

 

それでは、それぞれについて

見ていこうと思います!

 

 

アナリティクスとアドセンスを連動する

 

アナリティクスとアドセンスを連想すると、

どの記事がどれだけ収益を上げているか?

というのを確認することができます。

 

なのでクリックされた広告単位というよりは

どの記事が収益性が高いか?ということを

調べることができる感じですね。

 

細かいデータではないかもしれないですが、

やっておいて損はしない設定なので

やっておいた方がいいですね。

 

まずはアドセンスにログインして、

左上の「三」のようなマークをクリックし、

 

「設定」→「アクセスと認証」

→「Googleアナリティクスとの連携」

と進んでください。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-26_23_52_04

 

こんな風に登録しているサイトの一覧が

表示されますので、1つ選んで「リンク」

をクリックして見ましょう。

 

残念ながら、アナリティクスとアドセンスを

リンクさせられるのは1つだけのようです。

今回は一番下のサイトを選んでみました。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-26_23_52_32

 

クリックすると、自動的にアナリティクス

の画面に飛びます。ここで、画像のように

「Adsenseのリンク設定」という項目が

ありますのでクリックしましょう。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-26_23_52_56

 

画像のような表示になりますので、

「コンテンツ向けAdSense」

にチェックを入れ、「続行」

クリックしましょう。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-26_23_53_22

 

次の画面では赤枠で囲った部分が

「0個のビューが選択済み」という

表示になっていますので、

 

「すべてのウェブサイトのデータ」

にチェックを入れてください。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-26_23_53_35

 

そして、「リンクを有効化」

をクリックしましょう。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-26_23_53_50

 

最後にこんな画面が出てきますので

「完了」をクリックすると…

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-26_23_54_03

 

こんな画面になります。

ここまでできれば連携完了です。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-27_1_36_55

 

アナリティクスの

「行動」→「サイトコンテンツ」

→「すべてのページ」

と進んでいくとこんな画面になります。

 

画像は連携する前のものですが、

一番右側に「ページの価値」という

項目がありますので、

 

アドセンスと連携することによって

この数値が表示されることになります。

 

なので、どの記事がどれくらい

稼いでくれたがが一目瞭然です。

 

 

広告ユニットごとにクリック率を調べる

 

これは記事ごとのデータではありませんが、

設置している広告がどれだけクリックされたか

などのデータは詳細に調べられます。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-27_1_42_34

 

まずはアドセンスの

パフォーマンスレポート

の画面を開いてみましょう。

 

そのとき画面上部には

「レポートタイプ」というものを

選択できる箇所があります。

 

この部分を

「広告ユニット」

にしてください。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-27_1_43_18

 

すると、画像がかなり見づらいですがw

広告ユニットごとのデータが表示されます。

 

  • レスポンシブ(上)
  • レスポンシブ(中)
  • レスポンシブ(大)
  • スマホ用記事下
  • etc

 

↑こんな具合で自分で設定した広告ユニット

名が並んでいて、それぞれの

 

  • 表示回数
  • クリック数
  • インプレッション収益
  • アクティブビュー視認可能率
  • 見積もり収益額

 

等のデータを見ることができます。

ですので、広告ユニットを細かく

分けて入れば詳細なデータが取れます。

 

アクティブビューの視認可能率なんかは

広告を記事の上・中・下に設置していれば

「どこまで読まれているか?」のチェック

にもなります。

 

 

まとめ

c7887a92414f854a9067849a51b9bb02

 

どの広告がどれだけクリックされたかを

調べたいのであれば、アナリティクスと

アドセンスを連携させたり、

 

アドセンスのパフォーマンスレポートを

広告ユニットごとに表示させることで

確認することができます。

 

このように数字で自分のブログを知れば、

自分の弱点や改善点が見えてきます。

弱いところを改善することで結果を

大きく変えていくことができますよ♪

 

このほかにもアドセンスに関してや

ブログで稼ぐノウハウについては

無料メール講座で公開しています。

 

今なら全26冊、約500ページ

ブログで稼ぐための“教科書”

もプレゼントしておりますので、

 

ぜひぜひ今のうちに下記のリンクから

ゲットしていただければと思います♪

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしよろしければシェアお願いします♪スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

*メールアドレス
*お名前

Loading Facebook Comments ...

*
*
* (公開されません)