アドセンスで生活できるだけのお金を自在に楽しく稼ぎ自由になるためのメール講座

スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

nendとadsenseは併用できる?併用のメリットとデメリット!

nendとadsenseは併用できる?併用のメリットとデメリット!

こんにちは、いずみです。

 

クリック課金型の広告で代表的なのが

グーグルアドセンスですが、他社でも

同じスタイルの広告を扱っている会社は

実はいくつもあります。

 

その中で比較的知名度の高い「nend」

という広告について今回は見ていきたい

と思います。

 

nendとアドセンスは併用することが

可能なのでしょうか?

 

可能とすれば、その際のメリットや

デメリットなどを紹介していきますね。

 

 

アドセンスとnendは併用可能?

 

結論から先に書くと併用可能です。

nendはスマホビューでのみ表示される

ということが特徴の広告です。

 

審査もカンタンですし、

アドセンスのサブとして利用している

人も増えてきているようですね。

 

では、併用するとどんないいことがあるのか?

そして、どんなことに気をつけなければ

ならないのかを見ていきましょう。

 

 

アドセンスとnendを併用するメリット

 

これまでは、

  • インライン広告
  • オーバーレイ広告

というタイプの広告が使えることが

メリットの1つではあったのですが、

 

今ではアドセンスでもこのタイプが

使用できるようになったため特段

メリットではなくなってしまいました。

 

アドセンスのスマホ表示でオーバーレイ広告を表示させるには?

 

現在nendを使う際にメリットだなと

感じるポイントとしては、

 

ファーストビューに

広告を配置できる

 

という点ではないかと考えています。

 

アドセンスは、記事を開いたときに

まず広告が出てきて記事が見えない

状態になることを禁止しています。

 

アドセンスがスマホのファーストビュー占領はポリシー違反?

 

ファーストビューの広告は

誤クリックが多い配置でもありますが

クリック率は高いのです。

 

つまり間違ってクリックしている

可能性が高いのでユーザー的には

邪魔かもしれませんが収益性は高い

ということが言えるでしょう。

 

ちなみにアドセンスでは誤クリックが

多い場合にはスマートプライシングという

システムでクリック単価が下がりますので、

 

そういうリスクを考えずにサブ的に

クリック率だけを考慮して配置できる

という点はメリットだと言えるでしょう。

 

アドセンスのスマートプライシングとは何?対策・改善策を調査!

 

ユーザーの利便性を下げる可能性もあるので

意見が分かれるポイントかもしれませんね。

 

僕は今のところは使用していないですが、

自分自身が誤クリックしたことがないので

コンテンツを見ることを妨げるレベルでは

ないのかな?と思ってたりします。

 

 

アドセンスとnend併用のデメリットは?

 

デメリットとして挙げられるのは

  • 広告が増えすぎて邪魔になる
  • クリック単価が低い
  • 規約違反になる可能性がある

 

この3つが考えられます。

それぞれ見ていくと…

 

広告が増えすぎて邪魔になる

 

これは言わずもがなですが、

スマホユーザーからすればすでに

アドセンスが3つほど入っている状態で

さらに広告が追加されますので、

 

短い記事だった場合には広告だらけ

となってしまう可能性も考えられます。

 

そうなるとユーザーが最後まで記事を

読んでくれる可能性も下がってしまいます

ので貼りすぎには注意しましょう。

 

先ほどのメリットで紹介したように

ファーストビューのみに設置という

ことであればいいでしょう。

 

 

クリック単価が低い

 

これはアドセンス以外のクリック課金型広告

全般に言えることなのですが、やはりnendも

クリック単価は高く無いです。

 

nendの場合は約9円といったところ。

アドセンスもものによってこれより低い

場合もありますが、

 

たくさんの広告を設置することによって、

アドセンスをクリックするはずだった

ユーザーがnendに流れる可能性もあります。

 

下手に貼りすぎると収益が下がる可能性も

考えなくてはなりませんね。

 

 

規約違反になる可能性がある

 

これは一体どういうことかと言うと、

nendはアダルト系の広告もあります。

 

アドセンスでは他社の広告もコンテンツの

一部とみなすということを公言しているので

nendが原因で広告停止になる可能性もあります。

 

もちろん、アダルト系の広告をブロック

すればいいだけの話なのですが、

 

アドセンスとの併用を考えている場合には

アダルト系のブロックを忘れないように

しましょう。

 

 

まとめ

c7887a92414f854a9067849a51b9bb02

 

アドセンスとnendを併用する際の

メリットとデメリットを解説しましたが、

 

結論としては

ファーストビュー専用ならアリ

と言えるのではないでしょうか。

 

もちろんアドセンスアカウントが今でも

ちゃんと使えている人に限っての話ですが、

やはりクリック課金型はアドセンスが

一番収益性が高いのです。

 

「アドセンスは貼れないけれど

ここに広告があればいいなぁ…」

 

なんて場所があればnendを導入

してみるといいですね。

 

このほかにもアドセンスに関してや

ブログで稼ぐノウハウについては

メール講座で公開しています。

 

今なら全26冊、約500ページ

ブログで稼ぐための“教科書”

もプレゼントしておりますので、

 

ぜひぜひ今のうちに下記のリンクから

ゲットしていただければと思います♪

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしよろしければシェアお願いします♪スクリーンショット 2015-11-07 9.55.23

*メールアドレス
*お名前

Loading Facebook Comments ...

*
*
* (公開されません)