※半年間非公開だったオンライン講座を限定再開

表から姿を消していたいずみの講座がリニューアル復活!

今宵1年で0から年収1000万円以上稼ぐ方法を解禁
予告なく非公開にする可能性があるのでご注意ください

 

「電力の供給を停止します」

 

2013年7月、僕はクタクタの体で帰宅し玄関の電気を付けるスイッチを押した。しかし状況は「カチッ」と乾いた音が鳴っただけで、僕の視界はブラックアウトしたままだ。目は見えないが何かを踏んづけた感触がある。仕方なしにスマホのライトで足元を照らすと、謎の感触の正体は赤い長方形の封書だった。

 

その封書の送り主は「北海道電力」。これまで黄色い封書だったと記憶しているが、足元をよく見ると赤くなってから届いたのはどうやら初めてじゃないらしい。

 

正直、「そろそろだろう」と思っていたのは認める。人間が生活する上で欠かせないはずのエネルギーはとうとう106号室ただ一部屋のみ供給されなくなってしまった。

 

しかもあろうことか不運なことに、当時僕が住んでいた家は古い物件を大家さんが張り切ってリフォームしてくれていて格安仕様ながらに「オール電化」だったため、もはやその空間は居住機能を有しない“ただの大きな箱”に成り下がったのであった。

 

当時、僕は“お金”という発明に常に弄ばれて生きていた。「こいつさえいなければ…」と何度も思った。真冬には「500」という文字が最後の行に書かれた通帳から直径26.5mmのコイン1枚を取り出すために、硬貨に対応したATMまで吹雪の中往復2時間ほど歩いたこともある。

 

初めて口座残高が1円になってしまった時は普段明るい僕もさすがに落ち込んだ。なぜ僕はこいつにそんなにも振り回されなければならないのか?

 

 

今でこそお金の稼ぎ方を教える仕事をしているが、大学生だった当時は自分がそうなるなんて想像もできないほど、本当に貧乏な暮らしをしていた。

 

「学生なんてそんなもんだろう」と思うかもしれないが、同じ友達と比較しても明らかに貧乏だったのだ。友達の中にはバイトを全くする必要もなく仕送りだけで生活している人、マイカー通学する人、親の会社のクレカを自由に使っている人さえいて、“格差社会”という言葉の意味がよくわかった。

 

そんな友達が当たり前のようにいる中、僕はライフラインの絶たれた暗闇でじっとしているのだから、はっきり言ってこの世は不平等だ。「なんで俺ばっかり…」そう思わずにはいられない。飽きるほど他人を羨んだが、決して何かが変わることはなかった。

 

だけどこの経験があったからこそ「自分で何とかしなくては現状を変えることはできない」という感情を育み、今こうしてあなたにこの文章を読んでもらえているに違いない。

 

“業務上過失傷害”の容疑で

日経新聞・ナタリー・2ch掲載の三冠王!?

学生起業の悲しい末路…

 

だけど僕は特別貧乏な家庭で育った訳ではないし、最低限の固定費で消えて無くなる金額ではあったが仕送りももらっていた。

 

じゃあなぜこんなにもお金が無かったのかと言うと、お金の使い方に計画性が無く短期的な欲求に負けて好き放題使っていたのももちろんあるが、金の無い学生のクセに300万円規模のイベントを開催して失敗した事が大きい。

 

大学の頃は別に「起業しよう!」と思っていた訳では無かった(したいという欲求はあったが何をしたらいいか一切分からなかった)が、「今しか出来ないことをやりたい」という気持ちは非常に強かったので、

 

オカマバー(女装もした)とか肉牛のセリとかホタテ漁とかバイアグラの治験みたいな“就職したら2度とやらないと思うバイト”だったりとか、1万円くらいのボロいママチャリで野宿しながら一週間かけて北海道から仙台に行ってみたりだとか、大学生らしくサークル活動にバンド活動等

 

どこから来ているのかも分からない“渇き”を満たすために好奇心のまま何でもやった。

 

そして気が付けばDIYで作ったライブハウスを赤字を垂れながらも運営したりだとか、フジロックやライジングサンのような音楽フェスを自分たちで開催しようとしたりとか、まさに“怖いもの知らず”“若気の至り”とはこの事である。

 

そしてパッションの赴くままに行動した結果、野外フェスを本当に開催。誰もが知っているようなアーティスト&そして僕たちの活動に賛同してくれている全国各地のアーティストが出演する2日間の盛大なイベントを、有志の実行委員会によりノウハウ0の状態からたった半年間の準備期間で開催実現。

 

毎日朝から深夜まで近隣市町村の企業にプレゼンしまくり合計100万円以上の協賛金を出していただくことにも成功し、新聞等各社メディアにも何度も取り上げていただいた。

 

しかし開催日当日、台風に匹敵する大荒れな天気によって怪我人が発生しイベントは中止、視界不良の中鳴り響く救急車とパトカーのサイレン、わけも分からぬまま気づけば僕はイベント会場ではなく警察署で取り調べを受け、悔し涙を流していた。

 

ワクワクと辛さで半分おかしくなりながら、時にはケンカをして激しくぶつかり合いながら半年間必死に準備した我々は結果、ケガ人を出しアーティストや企業に多大な迷惑をかけ、失敗のニュースで日経新聞・ナタリー・2chと超大手メディア掲載という“不名誉な三冠王”を達成したのである。

イベント失敗により大手メディアに不名誉な掲載。取材依頼を何度もスルーされたフジテレビ等のキー局からもすぐに電話がかかってきた。

 

結果示談で済んだものの代表だった僕には“業務上過失傷害”という前科が付きそうになり、街を盛り上げようと活動していた志溢れる若者があわや犯罪者一歩手前に。

 

そしてキャンセルできないギャラ&交通費の支払いと、会議で決定したチケットの全額払い戻しにより一気に借金が出来上がってしまった。

 

元々イベントの準備が忙しくバイトが出来なかったため、イベントが上手くいっていたとしても個人的にはそもそも借金を抱えた形になっていたはずだったのだが、想定を大きく下回った現実に流石にこの時は精神が病んだ。

 

病院には意地で行かなかったのでどう診断されたかは分からないが、「鬱ってこういう状態だろうな」というのをここで経験した。何もしていない時に急に涙が出てくる。そんな状態がしばらく続いた。

 

朝5時からフル出張、土日はAM2時まで残業

残業代ナシ、手取りバイト以下生活に突入

 

2014年、借金苦のまま僕は就職をした。流石に会社員になれば今のような貧困生活をする事はないだろうと思っていたが、甘かった。

 

これは完全に僕の過失でしか無いが、イベント準備に追われていたため何も考えず1社目の内定で決めた会社は驚きの勤務形態で、

 

今考えても絶対に戻りたく無いのだが平日は朝5時に先輩と集合しフル出張、土日は会社に篭って深夜まで書類作成、残業代0円、手取りはバイト以下という状況で、まさかの“郵便物も受け取れない生活”がスタートした。当然安月給は負債の支払いに飛んでいくので、生活レベルは大学時代と変わらず最低だった。

 

就職先は入ってみないと実際は分からない部分というのが当然たくさんあるが、またしても予想を大きく下回る現実に辟易し、挙げ句の果てに「生きるために仕事をしているのか、仕事をするために生きているか分からない」という月曜日の駅のホームに立ってはいけない人の思考になってしまっていたのは、今では良い思い出である(幸い徒歩通勤)。

 

この時「自分は何のために生きているのか?一度きりの人生をどのように過ごしていきたいのか?」という事を真剣に考えるようになり、素晴らしい機会を与えてもらったと今では深く感謝している。

 

“やきとりを食べながら1万円稼ぐ男”

との出会いが、僕の人生を変えてしまった

 

そんな残念な暮らしを続けていた僕だが、実はその頃すでに一筋の希望を掴んでいた

 

時系列は少し前後するが、大学卒業の直前に同じやきとり屋でバイトをしていた後輩と久々に飲みに行った時のこと。話の流れで将来の事を聞かれ、「働きながらバンドや好きな事を続けていきたい」と僕が語ると、彼は「大学をやめる、就職もしない、起業する」と言う。

 

年下の彼の口から出てきた言葉に雷に打たれたような気分になった事を今でもハッキリと覚えている。そして彼が見せてきたスマホの画面から分かったことは、彼が僕とやきとりを食べている正味2時間程度の間に1万円を稼いでいたということ。

 

“自分でお金を稼ぐ”という新たな選択肢の登場は、突然横から殴られたかのように衝撃的だった。借金まみれの僕は脊髄反射で後輩の彼に頭を下げ、「教えてください」となけなしのお金を払い懇願した。

 

最初は就職先で仕事を覚えるのに精一杯だったが、自分の得たい未来がハッキリとイメージ出来てからは朝5時に起きて作業、昼休みの休憩時間も作業、寝落ちギリギリまでカフェで作業、休みは終日作業、友達付き合いも一旦断ち、付き合いの飲みも欠席、という形でとにかく他の事を一切排除して作業し続けた。

 

「1年で24歳のうちに稼いでいる金額に関わらず脱サラする」という事だけを決めた。決めたのでそれまでに生活できるようにならなければならない。「成功するしかない状態になるためにはどうすればいいか?」を常に考え、出来ることは何でもやった。

 

そして決めた通りに1年で脱サラを果たし、2017年9月には法人化。これまで順調に事業を続けて来れていて、僕だけではなく生徒さんも稼げるようになり一緒に海外に行けるような関係にすらなることが出来た。

 

Twitterのヘッダーに使っているこの写真は脱サラした生徒さんや同業者と
ホノルルマラソンに出場するためにハワイに行った時のもの

 

 

あなたの成功を妨げている1番の要因:

【“成功までの青写真”を描けていない】

 

ここからは語り口調はやめて、「ですます調」にしますね。僕が一体何をやって稼いできたのか?それは“ブログ”と“メルマガ”です。これらがあれば理論上際限なく稼ぐ事が出来ます。僕の収入はこれからもどんどん伸びていくでしょう。

 

勘違いして欲しく無いのはここまで読んできて僕に何か常人には無い何かがあると思ったのであればそれは間違いで、大学での成績は下から数えた方が早かったですしめちゃめちゃ不器用です。そして恐らくあなたよりも貧乏だったと思います。

 

行動はもちろんしましたが、何か特別な才能が無くても(もちろんあったら強いですが)ビジネスで成功することは可能です。あなたの収入というのは“どこで勝負するか?”によって大きく変わります。

 

例えば“バンドで稼ぐ”のは超努力してもかなり厳しいです。“会社員で年収1000万円”も結構大変です。でも、“自分でビジネスをして1000万円”っていうのは会社という規模で考えると“小さすぎる”と言われる部類です。

 

仮に会社員だったとしても、平均年収が800万円の会社と400万円の会社だったら年収1000万円を目指す難易度って全然違いますよね。スポーツで億万長者を目指すなら卓球よりゴルフの方が現実的ですよね。

 

なのであなたがきちんと稼げるフィールドを選び、そこで勝負するのであれば1000万円とかは本当に簡単な話に思えてしまうでしょう。問題は、「何をどうやってどういう順序で進めていけばいいのか?」というイメージが湧いていないことです。

 

稼ぐまでのステップバイステップを描けていれば後はその通りにやるだけですよね。もちろん全てがイメージ通りに行くことはありませんが、「こうすれば出来るはずだ」という羅針盤が頭の中に必要なのです。

 

1年で0から1000万円までのステップバイステップ

“成功までの設計図”をプレゼント

 

今回リニューアルしてお届けするメール講座では、あなたが1年で0から1000万円を稼ぐための設計図を9日間で脳内にインストールしていきます。インストーラーのダウンロード先をご案内する前に、9日間であなたが手に入れる未来をお伝えしていきます。

 

僕自身それを描く事が出来るようになり、初めて大きな金額を手にする事が出来るようになったからです。

 

こういうドカン!と稼ぐような事も、イメージ出来るからこそ実現できるわけです。これを今回、あなたにもできるようになっていただきます。

 

ただし、あなたが学んだ事を

実践するつもりが無いのであれば

お互い時間のムダなので

直ちにブラウザバック推奨です

 

僕がこれからあなたにお伝えしていく情報というのは、僕がお金をかけて学び、実践して失敗も成功も経験して、時には「もし失敗したら来月の家賃が払えない」胃をキリキリさせながら、ご飯が納豆だけの日々を乗り越えながら稼ぎ、そしてそのお金を新たな知識や経験に再投資しながら徐々に手に入れてきたものです。

 

だからもし、あなたが“消費目的”で僕の講座を受講しようとを思っているのであれば、今すぐこのページを閉じていつも通りSNSを眺めて過ごす日々に戻って欲しいと思っています。この講座で学んだ事を活かし実践するつもりのある方のみご参加ください。

 

あなたの人生を変えるのはあくまでもあなた自身であり、僕はその案内人に過ぎないからです。あなたの人生の主人公はあなたです。でももしあなたが「本気で人生を変えたい!」と思っているのなら、ぜひお手伝いをさせていただきたいと思っています。これから講座の詳細を案内していきますが、待ちきれない方はこちらから講座へご参加ください↓

 

【1年で0から1000万円を稼ぎ出すメール講座】
へのご登録はこちらから↓

 

【1年で0から1000万円を稼ぎ出すメール講座】

であなたが受け取るもの

 

1日目:0から1000万円を生み出す全体像

 

まず1日目は、“どうやってあなたに0の状態からスタートして1000万円を手に入れてもらうのか?”という全体像についてお話ししていきます。

 

 情報化社会の中で成功者に成功者になるためにやるべき事

今は20年前に比べて500倍ほどの情報に普段触れているそうですが、稼ぐ人はどのような情報の取捨選択をするのか?あなたはどの情報を取っていくべきなのか?“あなたが取るべきたった1つの行動”を解説します。

 成功者のとある学習習慣と“囚人マインド”

多くの成功者が実践していて、あなたも実践しやすく脳を変化させやすいある学習習慣について話します。その習慣と、講座の中でお話しする“囚人マインド”を持って実践すれば結果が出ないはずがありません。

 1000万円稼ぐのが難しくない理由と売上の内訳

僕が実際そうだったのですが、ビジネスで結果を出す前は1000万円稼ぐ事がすごく大変な事だという勘違いをしていました。しかし、どのように稼ぐのか?という内訳を理解すればなんのことは無いとても現実的な目標だという事が理解していただけます。

 たった1年で成功するためのお金の使い方

あなたがお金持ちになりたければ、お金の稼ぎ方はもちろんですが“お金の使い方”が非常に重要になってきます。孫正義さんは「お金は稼ぐよりも使う方が難しい」とはっきりと明言されています。お金持ちになるためのお金の使い方を伝授します。

 初心者でも始めやすい4つのビジネス

ビジネスは何をやるかで難易度が大きく異なります。最初は誰しもが失敗するので、難易度の低いビジネスを選ぶ必要があります。リスクが低く始めやすい4つのビジネスについて話します。

 初心者ビジネスマンが死守すべき3つのルール

“初心者ビジネスマンが絶対に守るべき3つのルール”が存在します。これさえしっかり守っていれば、基本的にはビジネスが潰れる事も破産する事もありません。

 最もお金を稼ぎやすい3大市場

あなたの収入はどの市場に入るかで大きく変わります。初心者であれば特に、稼ぎやすい市場に入っていく事が何より重要になります。そこで、最もお金を稼ぎやすい3大市場を公開します。

 弱者のニッチ戦略&ニッチとマイナーの厳密な違い

大企業と個人起業家の戦い方は基本的には真逆です。個人起業家が勝つには、大企業が参入してこない“ニッチ”と呼ばれる市場に参入していく必要があります。ただし、この言葉の意味を正確に理解している人はすごく少なく、“マイナー”と混同している人が大半です。その明確な違いをお教えします。

 1000万円達成までにやるべきシンプルステップ

参入する市場が確定した前提で、その後どのように進めていくか?1000万円稼ぐまでのシンプルステップを紹介します。実はやっていくことはポイントをいくつか抑えればかなり単純という事を理解してください。

 売れる知識もスキルも無い人が実績を作る方法

「お金を稼ぎたいとは思っているけれど、実際何の知識もスキルも無い」という方でも実績を上げ、売れる知識とスキルを短時間で会得する方法をご紹介します。

 

2日目:商品の売り方&儲かるビジネスモデル

 

稼ぐということは、何かを売るという事ですよね。しかし、0の人が起業して商品を売れるようになる…というイメージはなかなかつきにくいはずです。なのでそれを、儲かっている起業が必ずやっているビジネスモデルと一緒にお伝えしていきます。

 

 ほとんどの稼げていない人に共通する残念な“売る”という言葉へのイメージ

あなたは「稼ぎたい!」と思いつつも、「じゃあこの商品を友達に売ってきて」とお願いしたら、何だか悪い事をしているような気持ちになるのではないでしょうか?この気持ちが浮かんできてしまう背景には、あなたの“「売る」という言葉に対する潜在的なネガティブな印象”が強く影響しています。これがまずあなたの未来を邪魔する大きな壁になっています。その壁を取り払う方法をお伝えします。

 多くの人が勘違いしている商品を作る際の大前提

多くのうまくいってないビジネスマンが「起業しよう」「商品を作ろう」という時に、この大前提を知らない事で大損しています。もしあなたがこの前提をしっかりと理解していれば、ほぼ100%の確率で売れる商品を作ることができ、失敗することは極端に少なくなります。

 商品を作る際に守るべき4つの重要ポイント

もしもあなたが0から起業して商品を作る時(アフィリエイトの商材を選ぶ場合も同様)に、“守るべき4つの重要ポイント”の事を知らなければ、「やってもやっても売れない…」成仏できない幽霊のように売れない地獄の中を彷徨い続ける未来が待っているでしょう。それを避ける重要ポイントをお話しします。

 あなたの“売りたい商品”は売れない…バカ売れさせるために重要なマインドセット

はっきり言います、あなたの売りたい商品は売れません。こんな事を言うと、「いやいやいずみさん何を言ってるの?売り方を教えてくれるって言ったじゃん!」と言われてしまいそうですが、売れる商品はあなたが売りたい商品ではありません。僕もここを理解していなかったので過去に失敗しました。バカ売れ商品を作るための重要なマインドセットをお話しします。

 儲けているビジネスに必ず導入されているビジネスモデル

「儲かっている企業、儲かっている人のビジネスモデルが知りたい!」と思うかもしれませんが、“画期的なビジネスモデル”というのは基本存在しません。ほとんど100%の儲かっている企業が“とあるビジネスモデル”を採用しています。何億も稼げる鉄板のビジネスモデルをあなたにお伝えしていきます。

 確実に売れる商品を作る方法

先ほど「あなたの売りたい商品は売れない」と書かせていただきました。じゃあ、どうすれば商品が売れるのか?狙って売れる商品、絶対に外さない商品を作ることができるのか?気になるのはこっちですよね。僕は売りたい商品が売れない理由と売れる商品を作る方法の両方知ったことで、商品を外すことは基本無くなりました。それが何故か?これを見ていただければわかります。

 無料情報と有料情報の境界線

インターネットそしてSNSの普及により、情報が溢れる社会になりました。現代人は“20年前の約500倍”の情報量に晒されているそうです。今では検索でほとんど何の情報にでもたどり着くことがことができるようになってしまいました。昔だったら何万も払わないと得られなかったような情報が無料で手に入るのです。では、何が無料で何を有料にすればいいのか?その境界線を明確にします。

 お客様があなたの商品を買い続ける“期待値ジェットコースター”とは?

あなたがお客様に商品をオファーする度に購入して欲しいと思うのであれば、「期待値ジェットコースター」について知っておく必要があります。お客様の期待値を上げたり下げたりするコントロール技術です。これができるとあなたは感謝され続け、できなければ最悪良いものを提供しているのに詐欺師と呼ばれてしまいます。この違いをお話します。

 お客様に「あなたから買わせてください!」と懇願させる“6つの教育”

あなたが楽に儲けるコツは、お客様の方から「売ってください!」と言われる状態を作り上げる事です。セールスを不要な状態を作れば飛ぶように売れていきます。そのような状況をどのようにして作るのか?その答えは“6つの教育”に隠されています。その中身を暴露しちゃいます。

 お客様があなたからのオファーを断れなくなる“3つの説得”

セールス不要の状態が理想とは言え、当然ですがこちらからお客様に提案させていただく場合はもちろん発生します。そんな時、お客様があなたのオファーを断れなくなりバンバン成約してしまう“3つの説得”という技術についてお話します。

 ツールを使っても売れない人が陥っている重大な勘違い

「自動化」「仕組み化」というのはマジックワードです。ものすごく魅力的に感じる魔力があるのですが、実は仕組み化する事自体はそんなに難しいことではなかったりします。ただし“売れる仕組み”を作るとなると話は別で、売れてない人が山ほどいます。“売れる仕組み”を作るための本質的に必要な要素をお伝えしていきます。

 

3日目:権威性・ブランドの作り方&

認知メディア・ファン化メディア

 

もしあなたが個人で稼いでいく事に魅力を感じるのであれば、“あなた自身がブランドになる”という事は必須項目になる事は間違いありません。それができなければ比較され、価格競争に巻き込まれ淘汰されていきます。でも“ブランドの作り方”と言われてもピンとこないのではないでしょうか?他ではまず語られる事のない“三次ブランド理論”を知り、「あなただから買いたい」という濃厚な顧客を獲得してください。

 

 初心者がたちまち“先生”と慕われるようになるマインドセット

ビジネス初心者であればあるほど自信を持って商品を売ると言うことが難しく感じることが多いと思いますし、「自分よりもすごい人が世の中に山のようにいる現実に押し潰されそうになる…」という経験をお持ちの方も多いと思います。しかしこのマインドセットを知れば、たちまちあなたも「先生」と呼ばれ慕われるようになるでしょう。

 初心者が本当に相手にすべき商売のターゲット

初心者の多くは本当に自分が相手にすべきお客さんがどんな相手なのかという設定をミスっているため、自信が無くなったり落ち込んだり、ビジネスをやめてしまったりしています。反対に中上級者もターゲットをミスすることにより、稼げなくなるパターンが非常に多いです。僕たちが常に相手にすべきターゲット像とは?

 お客様があなたにひれ伏す…権威性を生み出す8つの要素

あなたは病院で白衣を着た人にされた健康のアドバイスであれば、医師免許をいちいち確認するまでもなく言われたことを大方信じてしまうでしょう。それはあなたが医師という存在に“権威性”を感じているからです。逆に、お客様があなたにそれを感じればあなたの言う事を盲目的に信じるようになります。そんな権威性を生み出す8つの要素について話します。

 個人がハイブランド戦略を取り入れるべき3つの理由

個人で稼いで行こうとした時にほとんどの人が陥る罠が価格設定です。個人だから、始めたばかりだからという理由で必要以上に安くしたり、友達料金で仕事をしたり。それがあなたの首を締め続けることになります。そうではなく、“個人だからこそ”ハイブランド戦略を取るべきなのです。そう言い切れる3つの理由を解説します。

 ハイブランドが目指すべき最終形態

あなたはブランドが目指すべき最終形態をご存知ですか?どのような状態であれば、「強固なブランドを作り上げることができた!」と言うことができるのでしょうか?あなたのビジネスが圧倒的に強固になる目指すべき状態についてお伝えしていきます。

 “3次ブランド理論”と人が価値を感じる3つの要素

あなたはブランド形成における、“3次ブランド理論”をご存知でしょうか?この理論を理解すれば、戦略的にブランドを構築していくことが可能になります。そしてそのために、“人が価値を感じる3つの要素”を知ってください。

 ブランド価値を劇的に向上させる3つの法則

フェラーリ・ロレックス・ダイヤモンドなど、人が高価なブランド価値を感じる物には共通した3つの法則があります。これを理解することによって、お客様があなたに感じる価値を加速度的に上昇させることができるようになります。

 

4日目:お客様の脳汁が止まらなくなる

コピーライティング術

 

ビジネスは“言葉”を制する者が勝ちます。人の心理は言葉によって形成されているからです。「言葉を使わずに物事を考えてください」と言われても不可能ですよね?つまり、言葉によって心理を揺さぶり、「欲しい」という感情を引き出せる人がとんでもない金額を稼ぐようになるのです。あなたの収入に直結する文章の技術をお伝えしていきます。

 

 コピーライティングを身に付けることに1億円以上の価値がある理由

ビジネスは言葉でできています。世間では「プログラミング言語を覚えれば食いっぱぐれない!」という主張を見かけることが多くなったように感じるのですが、コピーライティングの方がよっぽど稼げるし、希少価値も高い人材になれます。これをマスターすれば数億円の価値があります。その理由をお話しします。

 3種のコピーの違いと真似しちゃいけないコピー

一言で「コピーライティング」と言っても、実は3種類に分類することができます。その中の1つはあなたがビジネスをする上で使ってはいけないものでもあるので、あなたの中のコピーライティングの定義をはっきりとさせておかないと失敗してしまいます。その3種の違いとは?

 感情を揺さぶる文章を作るための3つのマインドセット

あなたはこれから文章でお客様の感情を揺さぶることができるようになる必要があります。では、どうすればそんなことができるようになるのか?コピーは非常に奥が深いのですが、早く上達するために重要な3つのマインドセットがあるのでお伝えしていきます。

 あなたがお客様にLINEをブロックされなければならない理由

あなたはお客様にLINEブロックされるような事を言う必要があります。「え、なんで?」と思うはずですがこれには明確な理由があります。LINEをブロックされるほど、メルマガを解除されるほど良いのです。この言葉の裏の意図をお伝えします。

 コピーを学んだ人が頻繁に陥る2つの重大疾病

「私はコピーを学んでいます!」と言う人に限って、僕が“2つの重大疾患”と呼んでいる症状に罹患している人が多すぎると感じています。この疾患に掛かっている以上は、コピーの力で売ることはできません。その症状と対策についてお話しします。

 人を動かす文章を作るための7つの法則

人を動かす文章を作るために使える、便利な“7つの法則”が存在します。この法則を守って文章を書いていけば、お客様があなたに魅力を感じ、脊髄反射的に購入ボタンを押すようになります。まずはこれを完璧に覚えてください。

 

5日目:感謝のメールが殺到し続ける

コンテンツの作り方

 

あなたがお客様からの信用を獲得するために第一に必要な物…それは紛れもなく“コンテンツの質”です。質の高いコンテンツを当たり前のように量産することができるようになれば、たちまち億万長者になることも夢ではありません。しかし、ほとんどの人が感謝のメールを頂けるほどのコンテンツを提供できていません。「コンテンツ作りはセンスが要るんじゃないの?」いいえ、センスも重要ですが“法則”を知ることであなたも間違いなく作れるようになります。その禁断の方法をお教えします。

 

 あなたの収入の大小を確定させる最も重要な“あるコンテンツ”とは?

あなたはこれからビジネスをするに当たって動画、音声、PDFなど様々な形でコンテンツを作っていくことになるでしょう。その中でも、実はあなたの収入の大きさを決定してしまう“特に重要なコンテンツ”というのが存在します。その正体について話していきます。

 「最高のコンテンツ」と感じさせる9つの必須要素

あなたのコンテンツを見たお客様から感謝のメールが届き、「最高のコンテンツだ!ありがとう!」と言われる物を作るには一体どうすれば良いのでしょうか?ここでは、“最高”と言われる理由を9つの要素に分解し解説していきます。

 「わかりやすいコンテンツ」と感じさせる5つのトリガー

“良いコンテンツ”という定義の中には、当然「わかりやすさ」が含まれていますよね。では、「わかりやすい!」と言っていただくためには、コンテンツにどのような要素を持たせれば良いのでしょうか?人がわかりやすいと感じる“5つのトリガー”についてマスターしましょう。

 “質だけ”じゃ片手落ち!反応の取れるコンテンツを作る方法

「コンテンツの質が大事!」と言われればその通りですが、実は質だけでは片手落ちです。質の高いコンテンツを作ることは、手段であって目的ではありません。つまり、結局いくら良いコンテンツを作成し提供しても、反応が取れなければ何の意味も無いのです。ここでは、「反応の取れるコンテンツを作るためには?」という視点でお話ししていきます。

 

6日目:狙ったお客様を集客するには?

あなたの前に人が列を成す集客術

 

ビジネスにおいて、特に重要で苦労するのが“集客”です。この回では「本当の集客とは何か?」というところから入り、あなたが「こういう人に集まって欲しい!」という理想のお客様を狙って集めることができるようになるための方法をお話していきます。

 

 正しく学んでなければ答えられない“集客”という言葉の本当の定義

あなたは「集客とは何ですか?」という問いにどのように回答しますか?「お客さんを集めること?」「ターゲットを刈り取ること?」どれも間違いです。集客の本当の定義を知ってこそ、集客の間違いが無くなります。

 5種類のお客様と絶対に狙ってはいけないターゲット

お客様は、“5つの段階”と“2つの種類”に分けて考えることができます。中でも、2つの種類に属する「とあるお客」を集めてしまうとビジネスに失敗します。絶対に狙っては行けないお客とは一体何か?お話ししていきます。

 大量集客できたのに1円も売れなかった失敗の発生理由

ここまで話した集客という言葉の本当の定義”と“狙ってはいけないターゲット”の2つを理解していなければ、「大量に集客できたのに1円も売れない…」ということが実際に起こってしまいます。実話を元に、彼らは一体何を間違えてしまったのか?を解説していきます。

 あなたの商品を買う準備万端の人を見つける方法

狙ってはいけないターゲットがいる一方、積極的に狙うべきターゲットも当然存在します。あなたの商品を喜んで買ってくれる、そんな理想のお客様はどこにいるのか?どうやって見つければ良いのか?という事についてお話ししていきます。

 集客に利用するべきSNSは何か?

今の時代、SNSなどを使って無料でも集客ができるようになりました。そこでよく聞かれるのが「どのSNSを使うのが良いのでしょうか?」という事です。これには一応、答えがあります。購読メンバーにこっそりお伝えしていきます。

 無料集客と有料集客の違いとお金をかけない方法

集客方法には、お金をかけない無料の集客方法と、お金をかけて集める集客方法があります。それぞれの違いやメリット・デメリット、そしてPUSH型とPULL型という用語の説明と特徴についてお話ししていきます。

 お客様に登録を促す際に絶対にしてはいけない言動

あなたがお客様に登録を促す場合、“絶対にしてはいけない言動”というのが存在します。多くの人がここを間違えてしまうことで商品が売れなくなってしまっています。特に高額商品が売れなくなる致命的な言動です。それは一体何なのか?それを避け、どのようにすれば良いのか?を解説します。

 あなたのメルマガを積極的に解除させるべき理由

あなたはお客様に、積極的にメルマガ解除させなくてはいけません。「え?せっかく集めたお客さんを逃しちゃうんですか?」と思われるでしょうが、これにはきちんとした集客上の理由があります。それが一体何故なのかお話しします。

 狙うべきお客様の層と質とは?狙ってはいけないビジネスを崩壊させる層

“お客様の層”というものがあるとすれば、それはおおよそ3つに分類することができます。そしてその中で積極的に狙っていくべき層もいれば反対に、あなたのビジネスを崩壊させかねないような、絶対に狙ってはいけない層も存在します。その違いについて解説していきます。

 

7日目:実際に売り上げを立てるまでの流れ&

お客様と信頼関係を作る3つの心理学テク

 

7日目では、ここまで下準備をしっかりとして来たあなたがどうすれば実際に売上を上げることができるのか?というテーマでお話していきます。“売るためのテクニック”というものは確かに存在しますし知りたがる人も多いですが、本当に重要なのは“信頼関係を作ること”です。そのプロセスは、早ければ早いほど良い。お客様と早期に信頼関係を作れる心理学のテクニックをお伝えします。

 

 あなたが売上を立てる前にまずやるべきアクション

全てのビジネスマンは、「商品を売ろう!」と企画する前にここでお話しする“ある事”を必ずやらなければなりません。この大事なアクションをすっ飛ばして売れずに悩んでいます。すごくシンプルではあるのですが、成約率を何倍にも伸ばす効果があります。

 求めるお客様がいない商品を売り続けている人の重大なミステイク

あなたは、「その商品を売ってください!」と言う人が誰もいないにも関わらず、商品をオファーしようとしていませんか?売り手と買い手の両者がマッチングしてこそ、商売は成り立ちます。しかし、悪気なくこういう事をやってしまっている起業家が多いです。何故そうなってしまうのか?お話しします。

 お客様が皆抱える共通の悩みを発掘する手法

“多くのお客様が共通して抱えている悩み”これを把握することができれば、商品は売れないはずがありません。“砂漠で水を売る”という状態を作ることができるわけです。では、これはどのようにして見つければ良いのか?学んでいきましょう。

 あなたが「価値がない人」と思われてしまう恐怖の落とし穴とその回避方法

あなたは良かれと思って親切でお客様の相談に乗ってあげているだけなのに、少しやり方を間違えるとお客様はあなたのことを「お金を払う価値のない人」という恐ろしいレッテルを貼り付けられる可能性があります。そしてそのミスを犯している人は多いです。回避法を知ってください。

 お客様が喜んでお金を支払う3つの但し書き

今の時代は、昔は有料だったような有益な情報がすぐにGoogle検索やYouTubeにてアクセスできるようになってしまいました。上質な情報が溢れてしまっているのです。そうなるとどうなるか?当然、情報が溢れるほど情報の価値は低下します。では、情報を発信する仕事をしている僕らは何でお金をもらえば良いのか?お客様が喜んでお金を払ってくれる3つのポイントを公開します。

 人が現金を手放す瞬間を見つける方程式

この方程式を知っておけば、あなたは“お客様がお金を手放す瞬間”というのを狙って見つけることができます。これをしっかりと押さえておけば、“お客様があなたにお金を払わざるを得ない”という状況を作ることができるようになってしまいます。

 テクニックやセールスレターが存在すべき本当の理由

セールスレターが書けて、セールステクニックが十分であれば飛ぶように売れるか?と言うと、確かに売れるのですがテクニックだけで売るのには限界があります。実は、ほとんど語られることは無いのですがテクニックやセールスレターが存在するのには“本当の目的”がある事を知ってください。

 初対面の人とすぐに仲良くなれる3つの心理学テクニック

もしあなたが早く現金を手にしたいと思っているのであれば、“いかに早くお客様に信頼していただき商品を買ってもらうか”にかかってくるのですが、ここで紹介する3つの心理学テクニックをマスターすれば、初めて接するお客様ともすぐに仲良くなれてしまいます(恋愛ノウハウでもあります)。

 人が集まる人の共通点と詐欺師が高額な壺でも売れる理由

無理やりお客様を捕まえに行かないと売れない人もいますが、人柄を買われて黙っていても売れていくような人もいます。そういう人の共通点は何か?そして、なぜ詐欺師は「高級な壺」という超難度が高い商品を売ることができるのでしょうか?これを解説します。

 有料企画を販売するまでの売上を最大化する流れと全体像

実は無料企画でも同じなのですが、有料企画を実際に販売するときにどんな手順で一連のプロモーションを行っていけば良いのでしょうか?この売り上げを最大化するプロモーションの流れを知っておけば一生使い続けることができます。

 バックエンド商品を延々と生産し続ける方法

1人のお客様に対して繰り返し商品を購入していただくのが安定した高収益を生み出すビジネスを作るコツなのですが、「どうやったら何個も商品を作れるのか分からない」という方は非常に多いと思います。ですが、やり方さえ知ってしまえば簡単です。次々に商品を生み出せる方法をお話しします。

 

8日目:令和に繁栄するビジネスの作り方

 

ビジネスは「時代が変わっても普遍な要素」×「時代に合わせて変化させるべき要素」でできています。例えば、「タピオカ屋で儲けるコツ」には普遍な要素がたくさんありますが、「タピオカ屋をやるかナタデココ屋をやるか」は時代に合わせて行かなければいけません。つまり、普遍のビジネスの鉄則を学びながらも、時代に合わせた稼ぎ方を知っていかなければならないのです。8日目では、“令和の時代に知っておかなければならない事”をお話していきます。

 

 “繁盛”と“繁栄”という言葉の似ているけれど重要な違い

日本語には“信用”と“信頼”のように、似ているけれど意味の違う言葉がたくさんあります。そういう細かな違いを知っていくほど深い思考ができるようになるのですが、この“繁盛”と“繁栄”という言葉の意味を知っておけば息の長いビジネスをすることができます。

 これからの時代のビジネスで絶対に欠かせない1つの概念

これからのビジネスを語る上で、“業種や業界に関わらず欠かせない1つの概念”というのが存在します。あなたがこれから稼いでいきたいのであれば、この概念を理解するかどうかであなたの生涯年収は変わってしまうと言い切っても良いでしょう。

 “コミュニティ”という言葉の意味と求められる理由

ビジネスで使われる「コミュニティ」という言葉には、単純に人が集まっているという意味だけではなく、もっと広く複数の意味でしばしば使われます。その言葉の意味を広く理解しておくことで、他のビジネスマンの一歩も二歩も先をいくことができます。

 コミュニティの3つの種類と階層について

「コミュニティ」という概念には、“3つの種類”があります。この3つのコミュニティの違いをしっかりと理解するだけで、お客様の反応が明らかに変わったことに気づくことになります。

 時代に求められるリーダー像を構成する3つの要素

これからは“小さな世界のリーダーになる”というのがビジネスに欠かせない要素になってきます。しかし、どうすれば人が集まるリーダーになることができるのか?それはここで紹介する3つの要素として語ることができます。求められる姿を会得しましょう。

 世界一長く続くコミュニティから学ぶ長期繁栄の5つの法則

2000年以上、世界一長く続いていて、ギネス記録にも載っているとあるコミュニティがあります。なぜ、そんなに長く続き、発展することが可能なのでしょうか?そこから読み取れる、コミュニティが長く続き繁栄する5つの法則についてお話しします。

 倒されるリーダーと誤解され続けるリーダーの真の立ち位置

コミュニティによっては、メンバーがリーダーに不満を抱き「リーダーを倒せ!」という力が働き崩壊するものが存在します。フランス革命のようにトップが倒されることは昔からありましたが、それはリーダーが私利私欲に走っていることが原因なのではなく、“リーダーの真の立ち位置”を理解していないことにあったのです。

 コミュニティ繁栄のためにバランスを保つべき3つの要素

コミュニティを長く繁栄させていくために、バランスを取ったほうが良い3つの要素というのが存在します。このバランスが偏ると閉鎖的になったり、メンバーとの関係が薄くなったり、良くないことが起こり始めます。何に気をつけるべきなのか?学んでいきましょう。

 オンラインサロンが続かない理由とコミュニティの5つのメリット

安易に月額サービスを始めたいがばかりにオンラインサロンを開設して潰れていく人が多発しています。なぜ多くの人はうまく続けることができないのでしょうか?その理由の開設と、コミュニティを持つことの5つのメリットについて開設します。

 

9日目:成功するマインドセットと

成功者の脳みそを作る方法

 

最終日は、成功者の脳みそを作るためのマインドセットについて学んでいきます。“マインドセット=成功者の考え方”であり、稼ぎ続けることができない人は、マインドセットを軽視する人です。見たことも内容な大木をイメージしてみて下さい。稼ぐノウハウが枝や葉、幹があなたの人間性だとしたら、マインドセットは根です。この根がヒョロヒョロだったら、大木は立っていられないですよね?実は全ての基本であるマインドセットについて詳しくお伝えしていきます。

 

 宝くじで破産する人とドン底からでも復活できる人の明確な違い

宝くじで高額当選した人のほぼ全員が破産する結果になっていることはあなたもご存知かもしれません。その理由を明確に説明することはできますか?反対にドナルド・トランプさんのように、何度かミスして破産をしても何度も億万長者に返り咲く人もいます。彼らの明確な違いについてお話ししていきます。

 モチベーション問題に悩む人が気づいていない悩みの源泉

「モチベーションが続かない…」という理由でビジネスで躓く悩みを抱えている人はかなりの数がいるのですが、その多くは「なぜモチベーションに悩むのか?」という本当の理由には気づいていません。その悩みの源泉は何なのか?お伝えします。

 僕たちが成功できないように作られている生物学的理由

実は悲しいことに僕らは本能レベルで成功しないように作られています。それは一体何故なのか?それが分かったところで、どのようにすれば成功することができるのか?お話ししていきます。

 あなたからお金が逃げていく4つの理由

お金が無い人は“お金が逃げる習慣・行動”を取っているので、分かっている人からすると当然の結果でしかありません。でももし、知らず知らずのうちにやっていたら…と思うと怖いですよね。お金が逃げる4つの理由を知り、その逆を行けば良いのです。

 人に「現金を失いたい」と思わせるマーケティング戦略とプロパガンダ

国民は無意識に、マスコミの高度なマーケティングテクニックに脳みそを犯されています。実はマスメディアは、あなたが本能的に「お金を失いたい」と思うスイッチを知っており、そのスイッチの主導権を巧みに奪いにきています。じゃあマスコミは何をしているのか?を知れば、騙されなくなりますね。

 成功者なら知っている脳を誘導する言葉の使い方

成功者は普段使う言葉に、普通の人の何倍も気を遣っています。スポーツ選手も使っているこの言葉の使い方を知ることで、あなたは成功に近づくことができるようになります。

 偉人が語り継いだ運命を決定する始まりの要素

過去の歴史上の偉人たちが、共通した似たような言葉を残したとされているものがあります。これを理解してうまく自分の生活に活かすことができれば、あなたの人生には必ず変化が起こります。先人たちの言葉を学んでいきましょう。

 現代人が失いつつある成功に不可欠な脳力と発揮のさせ方

実は現代社会では、成功に不可欠な“ある脳力”がどんどん失われていると言われています。本当は脳のパワーを最大限に使うことができればお金を稼ぐということは実際そんなに難しいことでは無いのですが、その力を発揮できないようにされています。その力を解放する術を学びましょう!

 あなたがメディアに騙されている“好きなことで稼ぐ”の勘違いポイント

インターネットを使ってPC一台でビジネスができる環境が整うに従って、「好きなことで稼ごう」「好きなことを仕事に」という風潮が高まってきていることを感じますが、この論理には重大な欠陥があることをあなたは知っているでしょうか?この勘違いポイントを知りましょう。

 あなたを成功に強制連行する27のマインドセット

マインドセットはあなたを成功に導くために実は最も重要な要素です。マインドセットを知っておけば、迷った時にどのように進んでいけば良いかの道しるべになってくれるからです。あなたを成功に強制連行する27のマインドセットをご紹介します。

 

このようなあなたを成功に導くためのコンテンツを何日もかけて、動画を何度も録り直したり、スライドごと作り直したりしながらやっと公開するに至りました。無理に登録して欲しいとは思いません。本気の人が手に取り、人生を変えるキッカケになることができれば嬉しいです。

 

【1年で0から1000万円を稼ぎ出すメール講座】
へのご登録はこちらから↓

 

ここで紹介したのは

提供しているものの“約3%”に過ぎません

 

提供するコンテンツについてかなりの分量でご紹介させていただきましたが、今紹介したものはこれから提供していくものの“ごく一部”にしか過ぎません。全体の約3%ほどだと思ってください。それほどまでにあなたの成功のために必要な、僕がこれまでおよそ1000万円以上の自己投資やビジネス経験、様々な失敗の中で学んできた内容を惜しみなく放出していきます。

 

僕が最初0からビジネスに取り組んだ時は、体系立てて教わる環境は無かったので、何が正解なのかチンプンカンプンの中、失敗を繰り返しながら成功するやり方というのを体で学んでいきました。今自分が教える立場になって強く感じるのは、「今1000万円稼ぐことよりも、0だった頃に稼ぐ10万円の方が大変だった」ということ。

 

ビジネスの知識や経験というのは学べば学ぶほど積み上がっていきますから、「どうすればうまくいくのか?」という事がだんだん分かってくればさほど難しい事ではないと思えるようになってきます。

 

実際に僕は今、「よし、じゃあ来月100万円余分に稼ごう」と思ったらそれが実現できるようになってしまいました。そして気付いたんです。「1億円持っていても、自分で稼ぐ能力が無かったら不安だし、自分で稼ぐ力があれば今300万円しか無くても平気だ」ということに。

 

「稼ごうと思えばいつでも稼げる」という安心感こそが、母体が潰れて終わるネットワークビジネスのような何かに依存した不労収入よりもよほど大切な資産なのではないでしょうか?

 

そう思える体験をあなたにもして頂きたいなと思っております。続きは、講座でまたお話ししましょう。最後まで読んでくださりありがとうございました^^

 

【1年で0から1000万円を稼ぎ出すメール講座】
へのご登録はこちらから↓